« テヘラーニのトンバク(ザルブ) | トップページ | デイラーマンとソラリス »

2016年5月18日 (水)

Ahmad Ebadi & Asadollah Malek

そんなアフマッド・エバーディーと、ヴァイオリンのアサドッラー・マレクのデュオが出ていました。動画で見れないのは残念ですが。エバーディーは、かの有名なミルザー・アブドゥッラーの息子で、19世紀のカージャール朝のペルシア古典音楽を最も正当に継承していたセタールの巨匠(1907-1992)。この人は、あの繊細なセタールから、強靭な音を紡ぎ出します。一方、ホセイン・テヘラーニは1912年生まれ1974年没で、エバーディーの方が大分長生きしたので、あの写真が残ったようです。

Ahmad Ebadi & Asadollah Malek

|

« テヘラーニのトンバク(ザルブ) | トップページ | デイラーマンとソラリス »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ahmad Ebadi & Asadollah Malek:

« テヘラーニのトンバク(ザルブ) | トップページ | デイラーマンとソラリス »