« アスガール・バハーリーのケマンチェ | トップページ | Komm lieber Mai »

2016年5月10日 (火)

バハーリーのアーヴァーズ伴奏

何と、往年のケマンチェの至宝アスガール・バハーリーが、男性のアーヴァーズの伴奏をしているカラー映像がありました。タハリールたっぷりの部分の伴奏で、旋法はおそらくバヤーテ・エスファハーンだと思います。バハーリーと言えばエスファハーンを即座に思い浮かべるほど、彼のイメージとオーバーラップしています。最初に聞いたユネスコ盤LPの影響は大きいと思いますが、枯れた味わいは何ものにも代え難いものがあると思います。
明日のゼアミdeワールドの収録ではトンバクとセタールを今の所予定していますが、前回ユネスコ盤のバハーリー&テヘラーニのチャハールメズラブ直前で終ってしまったので、トンバクの紹介でその部分をかけようかと思っております。放送は木曜5時15分からです。

Singer:Ali Rostamian Kamanche:Asghar Bahari (1\2)

Singer:Ali Rostamian Kamanche:Asghar Bahari (2\2)

|

« アスガール・バハーリーのケマンチェ | トップページ | Komm lieber Mai »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バハーリーのアーヴァーズ伴奏:

« アスガール・バハーリーのケマンチェ | トップページ | Komm lieber Mai »