« ネイとセタールの巨匠 | トップページ | ムーサヴィーとオムミのネイ »

2016年6月 9日 (木)

ハッサン・キャサイのセタール

ネイの巨匠ハッサン・キャサイは、セタールの名人でもあり、歌も巧みに歌う人でした。昨日のネイ演奏の映像を見ると、右手の人差し指だけ爪を長く伸ばしていましたが、これはセタールを弾くためです。セタールはほとんど右手人差し指だけで弾きますので。今日の長尺の一本は録音もクリアで、味わい深いセタール弾き語りを聞かせています。グーシェが変るところで、グーシェの名前を読み上げているのも有難いです。
キャサイの他にもアボルハサン・サバーのようにヴァイオリンとセタールを弾く人もいました。メシュカティアンも、サントゥールだけでなくセタールも弾いていました。音量があって華やかなタールではなくて、セカンド楽器(というより基本楽器と言った方が良いかも知れません)としてセタールが選ばれることは多いようです。

مجموعه ستارگان درخشان سه تار نوازی حسن کسایی شمار

|

« ネイとセタールの巨匠 | トップページ | ムーサヴィーとオムミのネイ »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッサン・キャサイのセタール:

« ネイとセタールの巨匠 | トップページ | ムーサヴィーとオムミのネイ »