« 富士松加賀太夫の新内 (ドーコレキーコヒ) | トップページ | ウム・カルスームの千夜一夜 »

2016年7月 6日 (水)

アラブのウード

ゼアミdeワールド15回目の収録に行ってきました。新しいハーバリー・スタジオでの録音も大分慣れました。
今日はムニール・バシールの演奏を2曲かけましたが、この放送は来週になります。7日と10日に放送されるのは14回目の収録分です。13回目では謡曲と新内の歌を少々披露しましたが、謡曲は95年、新内は98年から2005年にかけてやっておりました。世界中の音楽を知り尽くした小泉さんが世界で最も美しい歌と賞賛した、ペルシアの歌と新内の共通性は、フリーリズムの部分の大切さと、裏声を多用することだろうと思います。これまで各ジャンルの珠玉の音源ばかりかけて来ましたので、お耳汚しでしたが、感じは分るだろうと思いましたが、いかがでしたでしょうか。また能楽や新内については、専門の演奏家の音源でいつか取り上げる予定です。

最初にまずウードによる新内流しです。前回新内の歌と一緒にかけてみようと思っていたウードの独奏ですが、これも私自身の演奏を録音したもので、ウードで地の三味線と上調子の音を両方取って弾いております。上調子とは、枷(かせ)というカポタストのようなものを付けて4度音を上げた三味線のことです。低いベース音が地、裏拍で出てくる高い音が上調子です。やはり去年の12月にちろりんさんの番組に呼んで頂いた日に録音しましたが、久々に弾いたのでミスもありました。

ウードの起源は古代ペルシアのバルバットにあり、それが西に伝わってアラブのウードや西洋のリュートになり、東にも伝わって中国のピパや日本の琵琶になったことは、先日も言った通りです。琵琶が正倉院に伝わった頃はイランはササン朝の時代で、高度な文化を誇っていました。97年にトルコ通の知人を介して購入しまして、90年代はオスマン古典音楽の楽譜などで独学しておりました。

当時やっていた新内流しを試しに音を取って弾いてみたら、これがすごくピッタリに思いまして、師匠の富士松鶴千代さんにも聞いて頂いて褒めて貰ったことがあります。(因みに私の名前は富士松千嘉太夫と申します) 現在は今治市民弦楽合奏団のヴァイオリン弾き兼チェロ弾きですが。

新内の節は「影を慕いて」や「酒は泪か溜息か」「湯の町エレジー」のような古賀メロディのルーツとも言われるように、これらの演歌~ナツメロにもウードはぴったりで、90年代末に「ウード演歌」と称して一時かなりはまって弾いていました(笑)

ウードはアラブの弦楽器ですが、古賀政男が確かレバノン辺りに旅行した際に、アラブの音楽は日本人の心にストレートに訴えるものがあるというようなことを言われていました。イランの音楽もコブシの繊細さで心に迫るものがあって、小泉さんの発言も出たのだろうと思いますが、彼は1920年代生まれですから、現代の若い人はどう感じるでしょうか? 新内や古賀メロなんて古臭いなぁで終らないと良いのですが(笑) (新内なんて知んないとはよく言われる駄洒落でもあります)

10年余り前からのベリーダンスのブームもあって、アラブの音楽が関東や関西中心に盛り上がっているように思いますが、これは良い傾向かも知れないと、密かに思ったりもしていました(笑) その流れで、日本の音楽にも目が向くようになると良いのですが。

ちょうどそんな時に、京都のミュージシャンの知人を通して、関西中心に活躍されているウード奏者の加藤吉樹さんから、是非今治でライブをやりたいと私の所に申し出がありましたので、浄土寺さんをご紹介しまして去年の4月9日にお寺ライブが実現しました。沢山のお客様に来て頂きました。
メンバーは、加藤吉樹さんのウード、及川景子さんのヴァイオリン、牧瀬敏さんのダラブッカのトリオ編成に、西山さんと兼久さんのベリーダンスでした。西山さんは先日のワープラでの梅酒まつりにも出られていたので、久々にお会いしてきました。
ここでかけたのは、加藤吉樹さんのウード独奏で、タクシーム(即興演奏)でした。このCDのジャケットは、正に新内流しのような和装の人物がウードを構えている浮世絵風の絵になっています(笑) これは傑作ですね。

最後に、ベリーダンス向きの曲も一曲ご紹介しました。浄土寺でのライブの際に、私がリクエストして、確かアンコールで披露されました「アリフ・ライラ・ワ・ライラ(千夜一夜)」という曲です。ベリーダンサーに人気が高いらしい「ジャリラのラクス・シャルキ」シリーズの3枚目に良い感じのインスト演奏が入っています。バラー・ハムディがエジプトの名女性歌手ウム・カルスームのために書いたオリエンタル・ムード満点の名曲です。

Alf Leyla Wa Leyla~アラブ音楽とベリーダンス~

前にも入れたことがある映像ですが、今治に来られた同じトリオの演奏によるアリフ・ライラ・ワ・ライラですので、再度上げておきます。

次回からは、他のウード奏者などの音源から、アラブの音楽にもっと深く入って行きたいと思います。

放送局 FMラヂオバリバリ
番組名 ゼアミdeワールド
パーソナリティ名 ほまーゆん
毎週木曜 17:15~17:30
再放送 毎週日曜 15:00~15:15

今治以外でも、スマホのアプリTuneinや、PCのサイマルラジオを使えば、世界中どこででも聞けます。よろしければ是非お聞き下さい。民族音楽、クラシック、純邦楽など、色々かけております。
サイマルラジオは以下になります。
http://www.jcbasimul.com/

|

« 富士松加賀太夫の新内 (ドーコレキーコヒ) | トップページ | ウム・カルスームの千夜一夜 »

アラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラブのウード:

« 富士松加賀太夫の新内 (ドーコレキーコヒ) | トップページ | ウム・カルスームの千夜一夜 »