« ウム・カルスームの千夜一夜 | トップページ | ラーガのルーツ »

2016年7月11日 (月)

ムニール・バシールのソロ

イラクのウードの巨匠ムニール・バシールについての放送は、今週木曜ですが、動画がありましたので先に上げておきます。動画を見るのは初めてのような気がします。正に至芸、この人の演奏は決めの音でぐっと惹き付けます。ウード演奏の技法の一つ、トレモロはほとんどない感じですが、たまに奔流のような速いスケールが挟まれ、それがとても印象的です。マカーム(旋法)は1本目がヒジャズカル(後半は不明)、2本目はラストのそれぞれタクシーム(即興演奏)です。お得意のフラメンコっぽい演奏もありますが、オーソドックスなアラブ音楽だけにしておきます。不思議なのは、通常一番上側に付いている最低音の単弦が、一番下に付いていることです。どういう音の並びになっているのでしょうか?

munir bashir ----- حوار العمر 2

Munir Bashir - Taqsim Rast

|

« ウム・カルスームの千夜一夜 | トップページ | ラーガのルーツ »

アラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムニール・バシールのソロ:

« ウム・カルスームの千夜一夜 | トップページ | ラーガのルーツ »