« シリア正教会のマリア賛歌 | トップページ | イラク系ユダヤ人の音楽 »

2016年7月20日 (水)

パスタとイラキ・マカーム

ゼアミdeワールド17回目の収録に行ってきました。今日はレバノンのマタル・ムハンマドのブズクのLP音源(CD化されてない)をアイフォン(クラウド設定)からかけましたが、何と収録中のアイフォンに電話が入りまして、しっかりコール音が入りました(^^; 固定電話からの転送だったので、1分おきに繰り返しかかり、アイフォンから止めることは出来ず、録音は中断。急遽イネディのCDで繋ごうと思いましたが、焦って編集が短くなりすぎて上手く行かず、録り直し。今度は何とか終えることが出来ました。留守電には戻ってから対応すれば良いことなので、携帯への転送設定は切りました。今日は楽勝!と思っていたら、テンパり度№1の収録となりました(^^;(笑) この放送は来週になります。21日と24日に放送されるのは15回目の収録分です。8月はリオ五輪中なので、アラブは少し休んで、2,3回はブラジルの音楽で行こうと思います。ちろりんさんの番組出演の際の音源をもう一度かける予定です。<>内が、かけた音源です。

16回目の放送内容は以下の通りです。
イラン・イラク戦争以来、混迷が続くイラクですが、中世から近世にかけて「アラビアン・ナイト」の頃のバグダッドを中心とするアッバース朝の時代には、世界に冠たる高い文化を誇る国でした。
イラクの古典音楽にイラキ・マカームという歌入りのジャンルがありまして、前回そのレパートリーの断片からムニール・バシールのウード独奏で即興演奏の一部をかけました。今日はイラキ・マカームそのものと、一緒にパスタというジャンルもかけたいと思います。パスタはスパゲティーではなく(笑)、オスマン音楽のベステというジャンルに由来しています。どちらも古典音楽と大衆音楽の中間のようなジャンルで、バグダッドのような都会の流行り歌と言えます。邦楽に喩えるなら、イラキ・マカームは長唄、パスタは端唄・小唄と言えるでしょうか。特に前者は20分前後の演奏時間がありますので、一部になることをご了承下さい。小泉さん監修のLP音源です。放送ではこの曲が、WRMLの「イラクの音楽」(2枚組)に入っているように言いましたが、現在のシリーズには入っておりませんでした。LPのみのようです。
まずパスタ「夜」からです。葦の縦笛ナイのソロで静かに始まり、その後歌が入ってきます。編成は歌とカーヌーン、ナイ、ウード、タブラ(ダラブッカ)、ハッシャービです。

<サレ・アブドル・ガーフォル他 / パスタ「夜」>
Sumer Group/Maqam and Pasta

同じパスタのyoutubeは見当たらないので、他のパスタですが、こんな感じの演奏と言うことでこちらを上げておきました。しっとりとした良いパスタ演奏です。

70年代末のシルクロードブームの頃に、このアンサンブルは来日し、小泉文夫さんと「題名のない音楽会」に出ていたのをよく覚えています。このパスタ「夜」という曲は実に妖艶かつ典雅な演奏で、正にアラビアン・ナイトを連想させる音でした。

次に長唄を連想させるイラキ・マカームですが、このジャンルのCDではユースフ・オマルという男性歌手の録音がフランスのOcoraやIneditから出ていました。その中にMaqam HidJaz Diwanの演奏がありますが、この曲は先ほどのLPでは、パスタ「なつめの実」として入っていました。ヒジャーズ旋法は増2度音程が入った、いかにもエキゾチックなメロディラインで、典型的なアラビア音階とされます。ユースフ・オマルの楽団にはサントゥールや擦弦楽器ジョゼの音が入って、繊細でどこか儚げな音になっています。
それもそのはず?歌詞はこうなっていました。「君の愛が欲しくてあげた薔薇に、君は心を奪われた。そして僕の愛を忘れた。君は美しい、まるで月からその美しさを授かったように。いつも君に取ってあげた棗の実では、もう飽き足らなくなったのか」

<Yusuf Omar / Maqam HidJaz Diwan >
Maqam Bayat - Yusuf Omar

こちらも他のマカームですが、同じユースフ・オマルの歌唱です。

最後にイラキ・マカームの現代的展開として、ファリダという女性歌手の歌唱を取り上げます。彼女はムニール・バシールから大絶賛されたという巨匠の秘蔵っ子で、97年恩師が亡くなった年に祖国を離れオランダに移住し、オランダのSnail RecordsやPan Recordsからアルバムを出しています。2006年にアオラ・コーポレーションから国内発売されたアルバム「曙光」はスネイル・レコーズの音源で、私がライナーノーツを担当しました。 その中から、ナイとダフ伴奏の長いリズム・パターンに乗せてコブシたっぷりのマウワル的な歌唱を聞かせるアル・リクバーニヤという曲をかけながらお別れしたいと思います。ベドウィンの語り歌やモンゴルのオルティンドーのような、絶品の歌唱です。

<ファリダ / アル・リクバーニヤ(ラクダ騎手)>
Farida and the Iraqi Maqam Ensemble

これも別の曲ですが、ファリダは動画が沢山ありました。

放送局 FMラヂオバリバリ
番組名 ゼアミdeワールド
パーソナリティ名 ほまーゆん
毎週木曜 17:15~17:30
再放送 毎週日曜 15:00~15:15

今治以外でも、スマホのアプリTuneinや、PCのサイマルラジオを使えば、世界中どこででも聞けます。よろしければ是非お聞き下さい。民族音楽、クラシック、純邦楽など、色々かけております。
サイマルラジオは以下になります。
http://www.jcbasimul.com/

|

« シリア正教会のマリア賛歌 | トップページ | イラク系ユダヤ人の音楽 »

アラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスタとイラキ・マカーム:

« シリア正教会のマリア賛歌 | トップページ | イラク系ユダヤ人の音楽 »