« こきりこ節 | トップページ | 鬼太鼓 »

2016年9月 8日 (木)

佐渡おけさと相川音頭

ゼアミdeワールド23回目の放送、木曜夕方終りました。再放送は11日15時です。よろしければ是非お聞き下さい。<>内がかけた音源ですが、youtubeはほとんどが他の演奏者です。

まず、重要なお知らせです。ゼアミdeワールドの放送時間が10月から変わります。
本放送 日曜日の18:00から18:30
再放送 翌週の水曜日の20:30から21:00
10月から30分番組になります。これまでほとんどの音源をフェイドアウトしていたので、これからはカットせずにフルにかけられることが増えると思います。
宜しければ是非お聞き下さい。

放送局 FMラヂオバリバリ
番組名 ゼアミdeワールド
パーソナリティ名 ほまーゆん

今治以外でも、スマホのアプリTuneinや、PCのサイマルラジオを使えば、世界中どこででも聞けます。よろしければ是非お聞き下さい。民族音楽、クラシック、純邦楽など、色々かけております。
サイマルラジオは以下になります。
http://www.jcbasimul.com/


前回富山の民謡「おわら節」を取り上げましたら、フェイスブック上でイイネがいつもより多く付きました(笑) 日本の音楽にも目が向き始めているのか、意外性からなのか、判断が付きませんが、今回も民謡で行きたいと思います。新内と民謡のジョイントで、佐渡おけさと並ぶ二大佐渡民謡の一つ相川音頭との共演もあった云々前回お話しておりましたので、その2曲をかけてみたいと思います。

まず全国の民謡で最も有名な曲と言われる「佐渡おけさ」です。笑点の林家こん平さんの出囃子で耳馴染みになった方が多いようにも思いますが、意外にそのものを聞いたことがある人は、特に若い世代では少ないと思います。フォーク歌手の山崎ハコさんが歌った録音がありますので、まずそちらからかけます。

<山崎ハコ / 佐渡おけさ>
youtube無しでした。

この民謡は踊り唄の一種のようですが、何と言うか夏の終わりのひんやりした空気が感じられるような、この歌の哀しみの部分だけを抽出したような、絶品の歌唱だと思います。

次に、オーソドックスなこの民謡の歌唱の中で、佐渡おけさを全国的に有名にした村田文三さんの録音をかけてみます。彼のSP録音は大正15年から昭和28年までの間に沢山ありますが、古いほどノイズがかなりすごいので、歌詞はマイナーではありますが昭和5年の録音をかけます。当時の人気テノール歌手の藤原義江が「おけさは男の涙」と言って激賞したという伝説の歌声です。マイクなしで障子がびりびり鳴ったと逸話がある程の声量で歌われる正調の堂々とした歌声です。

<村田文三 / 佐渡おけさ>
佐渡おけさ@春日崎by立浪会

相川音頭の歌詞に出てくる立浪の名を冠した立浪会による演奏。佐渡おけさと相川音頭を一躍有名にしたグループです。村田文三さんも初期メンバーでした。さすが本家本元の名演。

佐渡おけさ(村田文蔵)2

村田文蔵さんのSP録音

次に相川音頭ですが、これも佐渡島の2大民謡として、村田文三さんが入れていて、ほとんどがおけさと相川音頭だけで組まれたSP録音の3枚組がありますが、ここでは時間の都合で、初代浜田喜一さんの歌唱でかけたいと思います。この人は江差追分の名人として特に知られていますが、相川音頭でも素晴らしく味わい深い歌唱を聞かせています。  

新内で共演したのは、最もよく歌われる「義経弓流し」のくだりでしたが、能楽の影響を感じさせる凛とした節回しの感じられる民謡です。能を完成した世阿弥が配流された島ですが、お能が盛んになった理由は別にあって、佐渡金山が発見されたことで、幕府が佐渡を直轄地として佐渡奉行に任じた大久保長安が能役者の家系で、彼が島で能を催し、その後集落ごとに神事として奉納され広まったことによるそうです。

<初代浜田喜一 / 相川音頭>
相川音頭

佐渡らしく能舞台での演奏です。

相川音頭(村田文蔵)2

村田文蔵さんのSP録音

最後に、佐渡民謡ではありませんが、「天龍下れば」をかけて今回は終わりにしたいと思います。昭和初期に鶯芸者の一人として大人気を博した市丸姐さんの昭和8年の名唱です。この曲は童謡や流行り歌に名曲を沢山残した中山晋平作曲の長野県南部の伊那の天龍川下りを題材にした新民謡です。
  私の父方の祖父は民謡好きとしてのイメージがありましたが、割と最近になって父から新内や市丸さんの唄も好きだったと聞いて、とても嬉しくなったものです。どこか温泉地を思い出させる懐かしい感じの名曲ですが、私が思い出したのは、幼い頃祖父に連れられていった鈍川温泉の美賀登旅館の風景だった気がします。

<市丸 / 天龍下れば>
市丸 - 天龍下れば

|

« こきりこ節 | トップページ | 鬼太鼓 »

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

民謡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/67401147

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡おけさと相川音頭:

« こきりこ節 | トップページ | 鬼太鼓 »