« シャヒーディーのライト・クラシカル | トップページ | タールでnegahe Garme To »

2017年1月24日 (火)

シャジャリアン、ムーサヴィー、ナリマンのホマーユン

シャヒーディーが続きましたので、今週は他のペルシア音楽関係を見てみようかと思います。今日の一本はペルシアのウードが入っているので、シャヒーディーのリンクに出てきたのだろうと思いますが、現役最高峰の名歌手シャジャリアンの若き日の歌声が出てくる貴重な映像でした。あの特徴的な女性の詩の朗読が入るので、ゴルハー関連の映像かと思います。ネイはモハンマド・ムーサヴィーでしょうか。やはり若いので、誰なのか分り難かったです(笑) ウードはマンスール・ナリマンでしょうか? 17分辺りからシャジャリアンが登場します。ケマンチェとトンバクが誰か分りませんが、歌だけでなく、いずれの楽器も(特にネイとウード)素晴らしいです。ダストガーはホマーユンだと思います。

شجریان، ساقی‌نامه | اجرا شده در تلویزیون ملی ایران

|

« シャヒーディーのライト・クラシカル | トップページ | タールでnegahe Garme To »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/69363250

この記事へのトラックバック一覧です: シャジャリアン、ムーサヴィー、ナリマンのホマーユン:

« シャヒーディーのライト・クラシカル | トップページ | タールでnegahe Garme To »