« 三味線での六段 | トップページ | 春の海 (箏とヴァイオリンによる) »

2017年1月 9日 (月)

春の海 自作自演

ゼアミdeワールド39回目の放送、日曜夕方に終りました。11日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。<>内がかけた音源です。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。と新年のご挨拶をしましたが、ラヂオバリバリが元旦から5日までお正月休みですので、実は12月28日に収録しております。選曲のために一足早いお正月気分を味わっておりました(笑)

お正月と言えば、宮城道雄の「春の海」を思い出す方が多いのではと思います。正月中はどこに行っても耳にする曲ですが、この曲だけの色々な編成の録音を集めた「春の海 大響演」という2枚組が出ておりますので、こちらからご紹介して行きます。筝と尺八のオリジナルに始まり、筝とヴァイオリン、筝とフルート、筝と南米のケーナ、筝と二胡、スコットランド人とのハーフの往年の名テノール歌手藤原義江のオーケストラ伴奏など、様々な演奏が入っております。

まず宮城道雄の自作自演でどうぞ。尺八は初演を勤めた吉田晴風です。
<春の海(オリジナル) 6分30秒>
春の海 宮城道雄自作自演


宮城道雄の父の出身地である広島県福山市鞆の浦を訪れた際の、瀬戸内海の印象を三部形式に乗せて標題音楽風に作曲したこの曲は、今では彼の代表作として親しまれていますが、吉田晴風との1930年の初演の評判は芳しくなかったそうです。
この曲が一躍有名になったのは、1932年に演奏旅行で来日していたフランスの女流ヴァイオリニスト、ルネ・シュメーと共演してからと言われています。日本音楽に触れるために宮城道雄を訪ねた彼女が一番感動したのが、この「春の海」で、早速尺八パートをヴァイオリン用に編曲して宮城道雄とコンサートで演奏したら、大喝采を受けたそうです。会場で聞いていた小説家の川端康成が、その感動の光景を小説「化粧と口笛」に記しています。その宮城道雄とルネ・シュメーの演奏を次にどうぞ。

<春の海(箏とヴァイオリンによる) 6分13秒>

宮城道雄の筝とヴァイオリンでの演奏は、他に黒柳徹子の父である黒柳守綱などとの演奏も入っておりまして、この方はN響などでコンサートマスターを勤めた人です。一曲が6分余りずつありますので、余りかけられませんが、次にフルートのガッゼローニと三代目宗家の宮城数江の1972年録音をかけてみましょう。1956年の宮城道雄の没後では、最初のこの曲の録音です。ガッゼローニと言えば、ジャズの鬼才エリック・ドルフィーのフルートの師匠としても知られ、ドルフィーのアルバムOut to LunchにGazzelloniと言うオマージュ曲が入っていました。

<春の海(箏とフルートによる) 7分1秒>

ここで、少し宣伝を入れたいと思います。
2月5日に今治中央公民館で第10回今治総合芸能祭がありまして、私もチェロで出ます。時間は1時からですが、開演前のウェルカム演奏を私が担当することになりました。緞帳前でのウェルカム演奏が12時半からで、1演目目が1時過ぎからの予定です。1演目目の「序の舞」にもチェロで出ます。お能の橙黄会、未来演劇Kプロジェクトジュニア、山田逸朗さんの写真に、私のチェロのコラボです。宜しければ是非お越し下さい。ウェルカムでハイドンの皇帝第2楽章のチェロパート、エルネスト・ブロッホの祈り、J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲3番サラバンド、5番ジーグ、「序の舞」では、春をイメージさせる序の舞の能管をベースに、J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲1番からサラバンド、アルマンド、プレリュードをこの順に弾く予定です。

では、最後に宮城道雄の演奏で、筝の代表的名曲として有名な六段を聞きながら、今回はお別れです。この侘び寂感溢れる美しい曲を書いたのは、江戸時代前期の近世筝曲の祖、八橋検校とされています。
ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。また来週

<宮城道雄 / 六段 5分52秒 抜粋>

|

« 三味線での六段 | トップページ | 春の海 (箏とヴァイオリンによる) »

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

筝曲」カテゴリの記事

純邦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/69179992

この記事へのトラックバック一覧です: 春の海 自作自演:

« 三味線での六段 | トップページ | 春の海 (箏とヴァイオリンによる) »