« パンキシ(グルジア)のチェチェン人音楽家 | トップページ | チェチェンのレズギンカの打楽器編 »

2017年7月31日 (月)

ヨルダンとトルコのチェルケス音楽

ゼアミdeワールド68回目の放送、日曜夕方に終りました。2日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。<>内がかけた音源です。動画はyoutubeにあった音源のみです。

コーカサスの4回目です。長くなりそうですので、この辺で今後の北コーカサス関係の予定をお知らせしておきます。今回ヨルダンとトルコのチェルケス移民の音源をかけて、その次はカバルダやオセチアなどの他の北コーカサス、その後はダゲスタンで一回、間でチェチェンとダゲスタンのポップスを予定しております。
今回はロシアでの迫害を逃れ19世紀に旧オスマン帝国領内のトルコやヨルダンに移住したのチェルケス人の音源です。まずはフランスのAd Vitam Recordsから出ている「ヨルダンのチェルケス人のサーカシア音楽」と言う盤で、何よりもハチャトゥリアンのレズギンカでお馴染みのあの8分の6拍子のリズムが、中東のヨルダンから聞こえる不思議を感じました。イスラメイやカーファなどの伝統的な舞曲のリズムがアコーディオンや打楽器などによって演奏されています。ZeAmiブログで取り上げました弦楽器のポンデルもアコーディオンの影に隠れていますが、入っています。

まず前回もかけましたイスラメイとカーファの音源からかけてみます。本国から遠く離れたヨルダンの地で19世紀のままの状態で保存されたような伝統音楽ですから、現在のアディゲ本国よりもオーソドックスなスタイルが保持されているようにも思います。

<Jordanie / Circassia Musique Tcherkesse Eslameh 2分48秒>
Ensemble Circassien de Jordanie - Eslameh


<Jordanie / Circassia Musique Tcherkesse Qafa 3分24秒>

youtubeでよく聞く、おそらく正調と思われるカーファの演奏も2曲入っておりましたので、続けてかけてみたいと思います。2曲目のPasareh Qafaは、10年前にゼアミブログで北コーカサスを取り上げた際に見たyoutubeでは、ウオルク・カーファ(古いカーファ)と紹介されていたように記憶しています。正に白鳥を連想させる白装束の女性の踊りの優美さも特筆ものでした。

<Jordanie / Circassia Musique Tcherkesse Solo Qafa 2分16秒>

<Jordanie / Circassia Musique Tcherkesse Pasareh Qafa 3分6秒>

続いてトルコのチェルケス系移民の音源ですが、私の知る限りではトルコのレーベルKalan Muzik から2枚出ています。マレム・ゴクハン・シェンと言う人の「チェルケスの旋律」と題する2枚で、やはり驚くほどサーカシア(北コーカサス北西部のアディゲ、チェルケス、カバルダ)の音楽スタイルをそのまま保っていますが、従来のアコーディオン(プシャーシェ)とカフカス・ドラム(ドール)などの伝統楽器に、Vol.2の方ではチェロやヴァイオリンを加えることで、音楽的に厚みが増し、聞き応え満点の力作になっています。北コーカサス音楽特有の「孤高の哀愁美」に溢れた2枚ですが、トルコの音楽界の洗練ぶりを感じさせる凝った音作りになっています。

古い音源の引用から始まる2011年リリースの1枚目のBerkuk's Makameという曲からどうぞ。

<Marem Gokhan Sen / Cerkes Ezgileri 1  Berkuk's Makame 5分4秒>
Xexec - Berkuk's Mekame


2014年リリースの2枚目には素晴らしい曲が多く、時間の都合で色々かけられないのが残念ですが、Yinerikuey Kafeという曲をかけてみます。やはり冒頭に大昔の音源が引用されています。

<Marem Gokhan Sen / Cerkes Ezgileri 2 Yinerikuey Kafe 6分5秒 抜粋>
Marem Gökhan Şen - Yinerıkuey Kafe



既に4回お知らせしましたが、ここで加藤吉樹さんのウード・ソロのライブ情報を入れたいと思います。本放送は30日ですので告知として間に合いますが、再放送はちょうど2日のライブの最中になります。
限定30席、PAなしで、アラブやトルコの代表的な弦楽器ウードの生音と妙技を聞けるまたとない機会です。26日現在、残席がかなり減ってきておりますので、ご予約をお勧めします。
加藤さんは、2015年4月9日の浄土寺(ウード、ヴァイオリン、ダラブッカのトリオとベリーダンス)、同年10月11日のバリパサールでのウード・ソロに続いて3回目の今治でのライブになります。

日時 2017年8月2日 水曜日  6時開場 7時開演

場所 トーク&トーク (カフェ&ZeAmi実店舗) 
   今治市北高下町2-1-7 (ハイツ近藤2の1階)
   駐車場5台のため、できるだけ徒歩でのご来場をお願いします。

チャージ 2000円 (1アイスコーヒー付き)

ご予約・ご連絡先 
090-8044-8535
VYG06251@nifty.ne.jp

以上ライブ情報でした。宜しければ是非お越し下さい。


では、最後にマレム・ゴクハン・シェンの「チェルケスの旋律」2の方から、Abidetという曲を聞きながら今回はお別れです。10年前にZeAmiブログでもyoutubeで取り上げたように思いますが、10年経っても忘れられない美しい旋律です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Marem Gokhan Sen / Cerkes Ezgileri 2 Abidet 5分31秒 抜粋>
Marem Gökhan Şen - Abidet

|

« パンキシ(グルジア)のチェチェン人音楽家 | トップページ | チェチェンのレズギンカの打楽器編 »

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/71295920

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルダンとトルコのチェルケス音楽:

« パンキシ(グルジア)のチェチェン人音楽家 | トップページ | チェチェンのレズギンカの打楽器編 »