« コーカサスの音楽 まずはハチャトゥリアンから | トップページ | レズギンカ~アルメニアとダゲスタンの例 »

2017年7月12日 (水)

チェチェン・ポップスの歌姫マッカ・サガイーポヴァ

65回目の放送で一曲かけたチェチェンの歌姫マッカ・サガイーポヴァの「カフカス」以外の代表曲には、ダイモク(祖国)やКрасивый парень (Krasiviy paren=pretty boy)辺りが入ると思います。特にダイモクでは、8分の6拍子のレズギンカのリズムがはっきり出ていて、その浮き立つリズムが素晴らしいです。彼女の旋回も入りますが、こういう所にチェチェンの舞踊団Lovzarのメンバーでもある彼女らしい一面を覗かせています。Vecherinkaにはカフカス・ドラム(ドール)が入ってレズギンカのリズムが強力に出ています。
今日の収録では、英Topic Recordsの「反抗の歌:チェチェンと北コーカサス諸国の音楽」(英題はSONGS OF DEFIANCE: Music of Chechnya and the North Caucasus)から、他の歌手のダイモクを一曲かけました。来週また別の歌手のダイモクという曲をかける予定です。タイトルは同じですが、3曲とも全て別な曲のようです。
余談ですが、10年前にZeAmiブログを立ち上げたのも、南北コーカサスやヴォルガ中流域の音楽状況等の調査が最初の大きな動機でした。ハザール帝国の版図と重なる云々についても、何度か当ブログで探ってみたように思います。

Makka Sagaipova - Daimohk (Homeland)

Makka Sagaipova - Krasiviy paren

Makka Sagaipova - Vecherinka

|

« コーカサスの音楽 まずはハチャトゥリアンから | トップページ | レズギンカ~アルメニアとダゲスタンの例 »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/71123165

この記事へのトラックバック一覧です: チェチェン・ポップスの歌姫マッカ・サガイーポヴァ:

« コーカサスの音楽 まずはハチャトゥリアンから | トップページ | レズギンカ~アルメニアとダゲスタンの例 »