« チェチェンのレズギンカの打楽器編 | トップページ | M.S.Subbulakshmi / Mela Raga Malika »

2017年8月 4日 (金)

カバルダのポリフォニー УЭРЭДЫЖЬХЭР

「ウエレドィジヘル」と発音するのでしょうか? タイトルのУЭРЭДЫЖЬХЭРは、ロシア文字ですが、ロシア語では全く意味が取れず、おそらくコーカサス諸語の言葉(チェルケス語?)ではと思います。今週は放送の流れから言えばヨルダンのチェルケス音楽をアップすべきところですが、大分前に非常に素晴らしい女性アコーディオン奏者(Abida何某)の往年の映像などを上げて有りますので、「北コーカサス」のカテゴリーを辿っていただければと思いまして、今回は再度アップしないことにします。たこさんから舞踊のイスラメイとバラキレフのイスラメイについてコメントを頂いていましたので、その原曲と思われるカバルダを少し注意して見ておりましたら、90年頃の古映像(という程ではない時期ですがそう見えます(笑))に凄いものがありました。11分辺りから男声のポリフォニーが始まります。サーカシアの3カ国の内、アディゲ、チェルケスに比べて少し陰が薄いようにも思う、一番東側のカバルダの映像です。グルジアなどのコーカサス系の合唱に似てはいますが、こういう男声合唱のタイプを見るのは初のような気がして、かなり驚きました。グルジアやチェチェンなどにも男声ポリフォニーがありますが、一味違います。2,、3本目はその続編でしょうか。2本目は往年のレズギンカの歌入りと思いますが、これもとても味わい深いです。3本目では同じ主唱者がポリフォニーを歌っていて、両方のレパートリーを持っていることが分かります。
2日の加藤吉樹さんのウード・ソロ・ライブは大盛況でした。後入れて2,3人という感じでした。ただ初めての当店でのライブで、通常営業の後だったもので、かなり疲れました。そのため2日ブログはお休みしました。しかし、とても楽しかったです。

УЭРЭДЫЖЬХЭР - OTANTİK ÇERKES EZGİLERİ

Нэхущ Чэрим

Черим – Алий и гъыбзэ

|

« チェチェンのレズギンカの打楽器編 | トップページ | M.S.Subbulakshmi / Mela Raga Malika »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447810/71332958

この記事へのトラックバック一覧です: カバルダのポリフォニー УЭРЭДЫЖЬХЭР:

« チェチェンのレズギンカの打楽器編 | トップページ | M.S.Subbulakshmi / Mela Raga Malika »