« サガイーポヴァとサガイーポフの父娘デュエット、ロヴザル | トップページ | ダゲスタンのレズギ人 »

2017年9月 4日 (月)

ダゲスタンとチェチェンの歌姫

ゼアミdeワールド72回目の放送、3日夜に終りました。6日20時半に再放送があります。宜しければ是非お聞き下さい。

今回は前に予告しておりました通り、チェチェン・ポップスの歌姫マッカ・サガイーポヴァの2回目になりますが、その前にダゲスタンの歌姫マリナ・ムスタファエヴァをかけて、聞き比べてみたいと思います。どちらも10年前にゼアミブログで取り上げ、その前に音源を手に入れていた歌手です。他にも歌手は多いのだろうと思いますが、手元にあるのがこの二人の音源で、実際現地では一番知られている歌手のようです。
全般に言える特徴としては、レズギンカ風の歌以外では勿論ですが、レズギンカを聞いてもマリナ・ムスタファエヴァの音楽は、ウズベキスタンなどの中央アジアのポップスに近い印象を覚えるという点です。カスピ海に最も近いという地理的条件からそうなるのでしょうか。トルコ系民族も他の北コーカサス各地に比べると多い国です。チェチェンやアディゲでは、北コーカサスとしか言いようのない音楽になっていて、中央アジアを意識することはほとんどないように思います。ダゲスタンはレズギンカのルーツの地でもあるので、このコーカサス的な8分の6拍子の舞曲の本家本元でもあるのが、面白いところです。
もう少し北西コーカサスとチェチェンやオセチアについて聞いた後でダゲスタンに回る予定ですが、まずポップスで特徴を少し把握しておこうと思いまして、今回の聞き比べにしてみました。
まずはマリナ・ムスタファエヴァの歌を何曲かかけてみたいと思います。レズギンカのリズムのはっきり出てくるсоздан для меня(私のために作られた)という曲からどうぞ。

<Marina Mustafaeva / создан для меня 5分28秒>
Марина Мустафаева - Люби меня

同じ曲が今のところ見当たらないので、他の一曲を取りあえず上げておきます。曲名のЛюби меня(リュビー・ミニャー)とは英訳するならLove Meになります。コメント?にдаргинская даргинскиеと見えますので、もしかしたら彼女はテュルク系ではなくてコーカサス系のダルギン人かも。でもこの人はやはりどこかアジア的な顔立ちです。

曲名はロシア語ですが、歌詞は全く聞き取れないのでダゲスタンの言葉だと思います。ダゲスタンは言語の森のような国で、夥しい数のコーカサス系とトルコ系の民族がモザイクのように入り混じって住んでいる国です。残念ながら、彼女がダゲスタンの何人か不明ですが、音楽が中央アジアやトルコのポップスに似た感じと言う事は、トルコ系なのかも知れません。
ダゲスタン国民を構成する主たる民族とされる10の民族は、コーカサス諸語の民族であるアグール人、アヴァール人、ダルギン人、ラク人、レズギン人、ルトゥル人、タバサラン人、ツァフル人、そしてテュルク(トルコ)系民族にはクムイク人とノガイ人がいます。
もう一曲мое родное село(私の母国の村)という曲をどうぞ。歌詞に出てくるマハチカラというのは、ダゲスタンの首都の名前です。この曲も遅めのレズギンカ・リズムです。

<Marina Mustafaeva / мое родное село 4分11秒>
Марина Мустафаева - Мое родное село


では、チェチェンのマッカ・サガイーポヴァの歌に移ります。溌剌としたレズギンカ・リズムに乗せて、いかにもチェチェン的な哀愁のメロディが歌われる曲ですが、曲名のノフチー・キオナフの、ノフチーはチェチェンの自称ですが、キオナフの意味が不明です。

<Нохчи къонах 3分38秒>
  Макка Сагаипова Нохчий Къонах


次はチェチェンカ・ヤーという曲で、訳すなら「私はチェチェンの女性」となりまして、大部分はロシア語の歌詞のようです。これもマッカさんらしい一曲です。

<Чеченка я 3分53秒>
Песня Макки Сагаиповой )))) Чеченка я!


次もアップテンポのレズギンカで、やはりメロディが素晴らしい一曲です。タイトルはチェチェン語のため、発音がよく分かりません。

<Ас хьуна делла дог 4分7秒>
Макка Сагаипова - Ас суна делла дог от Тамилы С


では最後にマッカ・サガイーポヴァのロヴザルという曲を聞きながら今回はお別れです。ロヴザルとは、マッカさんが所属しているチェチェン舞踊団の名前ですが、テイク違いにはКак умеет жить Чечня(どうすればチェチェンが生きれるか?)という意味深なタイトルが付いていました。
マリナ・ムスタファエヴァの歌と聞き比べて、いかがでしたでしょうか? それぞれ、ダゲスタンらしさ、チェチェンらしさの片鱗を感じ取って頂けたら幸いです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<Ловзар 3分44秒>
Макка Сагаипова - Ловзар.

おそらく未婚の頃のヒジャブを被ってないマッカさんです。

|

« サガイーポヴァとサガイーポフの父娘デュエット、ロヴザル | トップページ | ダゲスタンのレズギ人 »

北コーカサス(カフカス)」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダゲスタンとチェチェンの歌姫:

« サガイーポヴァとサガイーポフの父娘デュエット、ロヴザル | トップページ | ダゲスタンのレズギ人 »