« 神聖舞踏とトンバク | トップページ | アルメニアのカーヌーン »

2018年2月12日 (月)

コミタスの音楽 カーヌーン、鶴、Divine Liturgy

ゼアミdeワールド95回目の放送、日曜夕方に終りました。14日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。カーヌーンの音源は、そのもののyoutubeはなさそうです。また別音源で後日探してみます。

アルメニア音楽の5回目になりますが、放送されるのが11日と14日ですので、まずヴァレンタインと言えばこの曲、マイ・ファニー・ヴァレンタインをおかけしたいと思います。ビル・エヴァンス&ジム・ホールとかマイルス・デイヴィス、チェット・ベイカーなどのジャズ演奏で有名ですが、元はリチャード・ロジャース作曲の1937年のミュージカル『ベイブス・イン・アームス』の中の一曲で、今回はそのメリー・マーティンの歌うオリジナル音源をおかけします。4日の今治総合芸能祭に続いて8日に私の店、トーク・トークでバレンタイン版の終活カフェを行いまして、今治市民弦楽合奏団のメンバーで弦楽四重奏版を演奏しました。私はファースト・ヴァイオリン担当でした。前奏部分は初めて聞きましたが、甘美なラヴソングのイメージが更に強まった名唱です。

<メリー・マーティン&リチャード・ロジャース / My Funny Valentine 2分14秒>
My Funny Valentine


アルメニア音楽に戻ります。グルジェフの音楽もピアノ独奏以外に、中東の民族楽器アンサンブルや、チェロとピアノによる演奏など色々ありますが、音源がすぐに見つからなかったので、出てきたらということにしまして、今回はコミタスの音楽をご紹介します。アルメニア正教の司祭にして民族音楽研究者、作曲家でもあるコミタスの音楽は、正教聖歌から民謡調の曲まで、演奏もクラシックから民族音楽のスタイルまで実に様々な演奏があります。1869-1935ですから、グルジェフとほぼ同時代の人になります。
まずは、琴にも似たツィター系弦楽器のカーヌーンの演奏で3曲続けてお聞き下さい。この盤には吟遊詩人サヤト・ノヴァの曲も入っておりますので、また後日おかけします。哀切な曲の多いアルメニア音楽の中では明るく親しみやすい曲調が並んでいます。3曲目のKele Keleは、特によく知られた愛の歌です。演奏はエリア・ペーリヴァニアンという人です。

<1 Musique traditionnelle d`Armenie - Elia Pehlivanian / Al Ailoukhes 1分50秒>

<7 Musique traditionnelle d`Armenie - Elia Pehlivanian / Gakavik 1分8秒>

<10 Musique traditionnelle d`Armenie - Elia Pehlivanian / Kele Kele 1分50秒>

続きまして、アルメニアと日本のハーフのカナダの女性ヴァイオリニスト、カテリーナ・マヌーキアンの演奏で、コミタス作曲の鶴という曲です。北コーカサスのダゲスタンにもガムザトフの歌に鶴のテーマが出てきましたが、やはりコーカサスでは南北問わずよく見かけるように思います。この盤の解説を読み上げてみます。

コミタスはアルメニアの作曲家で民族音楽研究家、また聖職者でもあった重要な音楽家であった。地道な採譜作業、教会音楽の研究、さらにこうして集めた成果を諸外国に紹介するなど、その業績は計り知れないとされている。「民衆に学べ」をモットーとしたコミタスは、パリに没しているが、亡骸はアルメニアの首都エレヴァンに移送され、芸術家の殿堂に埋葬されたほどである。吟遊詩人の嘆きを聴くかのような「鶴(クレイン)」は、元々は声楽曲だが、後にヴァイオリンとピアノのために編曲されている。

<10 Catherine Manoukian / Elegies & Rhapsodies - Crane(鶴) 4分35秒>
The Crane - Catherine Manuakian violine


次はアルメニア正教の歌ですが、アメリカの現代音楽のレーベルNew Albionから出ていたDivine Liturgy(神の典礼)から、Nvirumという14分余りの曲を時間まで聞きながら今回はお別れです。英訳がOffertoryですので、西ヨーロッパのキリスト教音楽の奉献頌のような曲だと思います。聖ガヤネー男声合唱の演奏で、ガヤネーと言うのは、「剣の舞」やレズギンカで有名なハチャトゥリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」の原語発音です。6分過ぎから出てくるエキゾチックで印象的な旋律はユネスコ盤のアルメニア正教音楽にも入っていましたので、また後日おかけする予定です。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 Komitas / Divine Liturgy - Choir of St.Gayane / Nvirum (Offertory) 14分8秒>
Komitas - Divine Liturgy

アルバムの3曲、まるまま上がっていました。

|

« 神聖舞踏とトンバク | トップページ | アルメニアのカーヌーン »

コーカサス (カフカス)」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コミタスの音楽 カーヌーン、鶴、Divine Liturgy:

« 神聖舞踏とトンバク | トップページ | アルメニアのカーヌーン »