« アシュクとアイリリク | トップページ | ハイェーデ1981 »

2018年4月19日 (木)

アリ・サリミとアゼルバイジャン史

アゼルバイジャンの歴史と、アリ・サリミのアイリリクについてのドキュメンタリーがありました。秀逸な番組のようです。グーグーシュやこの曲の楽譜も出てきます。この曲と「分断」の歴史について感心のある人には、必見のように思います。2本目は、声楽とオーケストラによるアイリリクの演奏です。カナダのNiagara Silk Road Chamber Orchestraによる洋楽アプローチですが、アゼリ系の人が多いのでしょうか、現地らしさが随所に出ています。

Bir mahnının tarixçəsi - Ayrılıq (Əli Səlimi)

Ali Salimi - Ayriliq

|

« アシュクとアイリリク | トップページ | ハイェーデ1981 »

コーカサス (カフカス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリ・サリミとアゼルバイジャン史:

« アシュクとアイリリク | トップページ | ハイェーデ1981 »