« トルクメンのドタール | トップページ | ドタールの聞き比べ ウイグルとトルクメン »

2018年5月16日 (水)

トルクメンのドタールとトルカマン

トルクメンのドタールと言えば、数年前に一本目の動画が結構話題になったように記憶しています。2本のドタールのインタープレイも凄いですが、途中右のバフシー?の歌声が、まるで飛行機が加速して飛び上がるように、倍音唱法になる部分があります。ユネスコ盤にもありましたが、あっ!と驚く瞬間です。左の男性はトルクメン人だと思いますが、右の人はもしかしたら西洋人かも、と外見からは思いました。もしそうならバフシーの芸を身に着け、倍音唱法まで出してくる筋金入りと言えるのでは。
二本目の白いテルペックを被った男性の激しい演奏も実にトルクメンらしく、勇敢な遊牧民の誇りを感じさせる演奏です。今日の収録では、彼らの演奏からインスパイアされたホセイン・アリザーデのセタール独奏曲「トルカマン」もかけます。

turkmen dutar

Turkmen music, LEYLI GELIN , OGHLAN BAKHSHI

|

« トルクメンのドタール | トップページ | ドタールの聞き比べ ウイグルとトルクメン »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルクメンのドタールとトルカマン:

« トルクメンのドタール | トップページ | ドタールの聞き比べ ウイグルとトルクメン »