« サラマト・サディコヴァのParizat(Angel) 他 | トップページ | 踊る岩山羊 Tak-Teke »

2018年10月19日 (金)

「広大な谷」 ケル・オゾン

「広大な谷」を意味するキルギスのケル・オゾン(あるいはケル・エゼン)は、元は擦弦のクル・クヤクの曲らしいのですが、先日はその口琴での演奏例がありました。今日はこの曲のMurattaly Kürönkeev (1864-1949)によるクル・クヤクのヒストリカルな録音と、女性歌手の演奏を上げておきます。歌の方はポップアレンジされた伝統曲ということでしょうが、実に興味深い一例です。前者の解説に、ancient theme from Kyrgyzstan played by one of the great master of the Kyrgyz horse head fiddle, also called "Kül Küyak"とありました。クル・クヤクは馬頭琴の系統の楽器のようです。

17 ker özön - kyrgyz kyl kyyak music

AiSa - "Ker өzөn"

|

« サラマト・サディコヴァのParizat(Angel) 他 | トップページ | 踊る岩山羊 Tak-Teke »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「広大な谷」 ケル・オゾン:

« サラマト・サディコヴァのParizat(Angel) 他 | トップページ | 踊る岩山羊 Tak-Teke »