« 素顔のテンギル・トー | トップページ | 最近のテンギル・トー »

2018年10月 5日 (金)

コル・オイノトット

128回目の他の曲の動画は見当たらないので、今日はコムズの速弾きでも上げておきましょう。コル・オイノトット(名人芸)では、キング盤の解説にあったように、コムズを頭上や背中の後ろで演奏したり、上下、左右を逆にして演奏したりして、耳だけでなく目も楽しませます。ハーモニックス(フラジオレット)も多用されます。2本目は前半はほぼフラジオのみです。コムズで出来るということは、同じフレットレス3弦の三味線でも可能かもと常々思いますが、三味線の場合は弦が持たないでしょうか。

Traditional Kyrgyz Music

Komuz,Nasiba Kalmamatova "too bulbulu"

|

« 素顔のテンギル・トー | トップページ | 最近のテンギル・トー »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コル・オイノトット:

« 素顔のテンギル・トー | トップページ | 最近のテンギル・トー »