« ゴザル・ムミノヴァのドタール | トップページ | ユルチエヴァのモナージャト »

2018年11月 9日 (金)

カンテ・フラメンコのようなカッタ・アーシュラ

133回目の放送でかけた中で、Chanson Classique以外では、「カンテ・フラメンコのような」と形容したJura Khan SultanovのGulzarim Qaniという曲だけ、オコラ盤の元音源のSP盤再生の動画が見つかりました。後半は他の音源のようです。しかし、いきなりA首相のような人が出てきて、びっくりしました(笑) この人がジュラ・ハーン・スルタノフでしょうか? 「私の薔薇園はどこにある?」と訳せるこのフリーリズムの歌唱は、カッタ・アーシュラというジャンルになるようです。Katta AshulaはGreat Singingと英訳がありましたが、どう和訳するといいか、なかなか難しいです。

Jo`raxon Sultonov - Журахон Султонов

|

« ゴザル・ムミノヴァのドタール | トップページ | ユルチエヴァのモナージャト »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンテ・フラメンコのようなカッタ・アーシュラ:

« ゴザル・ムミノヴァのドタール | トップページ | ユルチエヴァのモナージャト »