« キルワーニとホマーユン | トップページ | パシュトーのラバーブ »

2019年4月10日 (水)

スブハーン・ラートルのラバーブ

キング盤のラーガ・キルワーニが鮮烈だったカシミールのラバーブ奏者スブハーン・ラートルさんの動画は、先日の一本だけのようですが、静止画像のyoutubeは幾つかありました。中でも面白かったのが一本目の菜の花畑のような映像で、おそらくガザルになるのだろうと思います。カシミールの音楽は、インドを向いた音楽と、パミールや中央アジアも感じさせる音楽とあるように思いますが、この曲は前者でしょう。しかしタブラが入ってなくて、リズムパターンが一種独特です。2本目はタブラも入ってもっとストレートにインドを感じさせます。この曲はカリヤニ・ロイだったか、シタールの演奏で聞いたような気がします。3本目はキング盤収録の3拍子のガザルで、ラバーブ弾き語りも巧みにこなすラートルさんの好演を堪能できます。しかし、この曲があるのに、ラーガ・キルワーニが上がっていないのが不思議です。

WALAA MIANE POSHE MADNO

Kalam . ABDUL AHAD AZAD BY SUBHAN RATHER

Mohammad Subhan Rathore & Abdul Ghani - Ghazal "I Did Not Know the God"

|

« キルワーニとホマーユン | トップページ | パシュトーのラバーブ »

南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キルワーニとホマーユン | トップページ | パシュトーのラバーブ »