« パリサーのマーフール | トップページ | 1977年シーラーズでのライブ »

2019年4月24日 (水)

パリサーのデイラーマン

このモノクロの一本も随分前から見かけますが、ペルシアのダストガーの一つであるダシュティ旋法を演奏していて、短い導入の後、ファーテメ・パリサーが歌い出すのは、名高い「デイラーマンの歌」です。元は北イランの民謡のようですが、ダシュティのグーシェの一曲としてラディーフに入っています。パリサーの師匠のキャリーミーのラディーフの歌唱にももちろん入っていて、楽譜にも採譜されています。小泉文夫氏が称賛したこの曲を、最高の歌手で味わえる演奏です。バックも、若き日のホセイン・アリザーデ(タール)の姿が見え、リーダーは中央のサントゥール奏者パルヴィーズ・メシュカティアンと思われます。ネイ、ケマンチェ、トンバクの奏者は不明ですが、もしかしたらネイを吹いているのは、若い頃のモハンマド・ムーサヴィー・シューシタリーでしょうか?


کنسرت دشتی پریسا و علیزاده و مشکاتیان و

|

« パリサーのマーフール | トップページ | 1977年シーラーズでのライブ »

ペルシア音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリサーのマーフール | トップページ | 1977年シーラーズでのライブ »