« サーズ、ドゥタール、タンブール | トップページ | アフガン・ルバーブと鳥の囀り »

2019年5月24日 (金)

Mohammad OmarのRabab

プラヤサウンド盤のラバーブ奏者モハンマド・オマルですが、mohammad omar rababと検索すると色々と出てきました。この人で間違いないでしょう。プラヤ盤でタブラ伴奏になっていたように、ラーガに忠実な演奏のように思います。このRaag Bihagなどは、サロッドの演奏を聴いているのかと錯覚してしまいそうです。
このプラヤ盤のゼルバガリ奏者ですが、Malang Najrabiと名前の表記がありました。多分ここ数日見ていたゼルバガリ奏者だろうと思います。90年に初めて聞いたプラヤ盤の冒頭のインパクト強いゼルバガリは、彼だったようです。

Ustad Mohammad Omar - Raag Bihag

|

« サーズ、ドゥタール、タンブール | トップページ | アフガン・ルバーブと鳥の囀り »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サーズ、ドゥタール、タンブール | トップページ | アフガン・ルバーブと鳥の囀り »