« ゼルバガリ | トップページ | ヘーラートのルバーブと »

2019年5月17日 (金)

ハザラ ディルルバ

先日の超絶技巧のゼルバガリ奏者、何となく日本人にもいそうな感じでしたから、もしかしたらハザラ人かもと思いました。モンゴル帝国の末裔と言われる少数民族のハザラ人は、アフガニスタンの真ん中辺りに住んでいるようです。バーミヤンもハザラ人の居住地域でした。
1本目の弦楽器はダンボーラとありますので、ハザラのタンブール系弦楽器のようです。少年の叩いている太鼓はゼルバガリとあります。結構モダンな作りの楽器に見えます。
2本目はインド北部で弾かれる擦弦楽器のディルルバが、アフガニスタンでも弾かれていることが分かる古い映像です。主にベンガルで弾かれる小型のものはエスラジと呼ばれます。このタンブールとディルルバによる演奏は、1974年のイラン南部シーラーズでの映像。まだ今よりは平和だったこの頃は、こういう文化交流も盛んだったのでしょう。

Hazaragi old song by Sina Sultani jaghori

Afghan music at Shiraz Arts Festival, tambur & dilruba solos

|

« ゼルバガリ | トップページ | ヘーラートのルバーブと »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼルバガリ | トップページ | ヘーラートのルバーブと »