« バッタチャリア録音のアフガニスタン argo | トップページ | ホレズムの歌と踊り Beltoon wa Khomari House Party »

2019年6月26日 (水)

Nomadic Tribal Song of Separation ギチャクとゼルバガリ

インドのバラモン階級出身の民族音楽学者バッタチャリア(Deben Bhattacharya)のアフガニスタン録音では、国民楽器の印象が強いアフガン・ラバーブよりも、Muhammad Naim Mazari(1914年生まれ。バーバー・ナイムと同一人物?)の擦弦楽器ギチャクとMalang Nejrawiのゼルバガリのコンビがとても多いというのは、意外な点かなと思います。Malang Nejrawiも、ドゥタールとの映像が比較的youtube上で前から(2008年頃ですが)知られていたように思います。
今日のNomadic Tribal Song of Separationという曲は、バッタチャリア音源を集めたイギリスのARC盤収録の曲ですが、23日放送のラストにかけたアーゴ盤のパシュトー語の「遊牧民の歌」からの抜粋と思われます。ですので、ARC盤を取り上げる30日放送分からは外しました。歌詞は以下の通り

「娘は結婚して、この種族から去る時に、母に“さよなら”を言いました。それから、彼女は母親から贈ってもらいたいと思っていた贈り物について語ります。そして遠くに去って行きます。」

ぱっと聞きは浪曲風にも聞こえるMuhammad Naim Mazariのギチャク弾き語りですが、確かにSong of Separationらしい、沁み入る歌唱です。

Nomadic Tribal Song of Separation


|

« バッタチャリア録音のアフガニスタン argo | トップページ | ホレズムの歌と踊り Beltoon wa Khomari House Party »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッタチャリア録音のアフガニスタン argo | トップページ | ホレズムの歌と踊り Beltoon wa Khomari House Party »