« ZarsangaとMahwash | トップページ | マフワシュの古い録音 »

2019年7月11日 (木)

ザルサンガ

パシュトゥーンの名女性歌手ザルサンガは、有名な人だけに沢山youtubeがありました。スタジオで録音をバックに歌っているものよりも、やっぱり生楽器の演奏をバックに歌っている一本目が素晴らしいです。音が小さいですが、砂漠に絨毯を敷いて座っている図だけで、絵になります。伴奏楽器にはアフガン・ルバーブと両面太鼓ドーラク、枠太鼓、口琴などが見えます。解説にZarsanga,Pashto folk singer's Pashto song in documentary "The Music of Baluchistan"by Director :Yves Billon,1989とある通り、バルチスタンの名が見えるので、地域的にはアフガニスタン南部に当たるのでしょう。2本目も生演奏を従えての歌唱ですが、カッワーリを想起させるノリで、リズムは8分の6拍子に聞こえますが、どうなのでしょうか。バックのセットは何となく浪曲も思い出させます。3本目も同じリズムですが、パンジャーブ地方のスィクの歌姫グルミート・バワにも少し似た感じに聞こえます。

Zarsanga Pashto waravi lasoona

Zarsanga Pashto Old is Gold Song

Zarsanga Best Tape

|

« ZarsangaとMahwash | トップページ | マフワシュの古い録音 »

中央アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZarsangaとMahwash | トップページ | マフワシュの古い録音 »