« スケッチ・オブ・ミャーク 長田孫太郎 | トップページ | ウイグル・タンブールの奏法 »

2019年8月19日 (月)

ウイグルのタンブール

ゼアミdeワールド174回目の放送、日曜夜にありました。21日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。放送と同じ演奏者と曲の動画は見当たりませんので、他の演奏者ですが、タンブール独奏を上げておきます。東京芸大の柘植先生の関係だったと思いますが、この方にもお会いしたことがあります。

中国ウイグル タンブール 『ムダンハン』


フンザの次は、中国西部に位置するテュルク系の新疆ウイグルの音楽です。ウズベクの辺りが西トルキスタン、ウイグルは東トルキスタンで、トルキスタンはシルクロードの中心に位置し、東西音楽文化の結節点でもあります。

ウイグルと聞くと、近年の政情不安がまず気になるところですが、個人的に思い出すことがあります。2005年まで住んでいた千葉県の松戸市で毎年夏に開催されていた新松戸祭にウイグルの屋台が出ていました。確かシルクロード倶楽部の人たちが運営していたと思います。2004年ころ毎年のように顔を出して、カバブを食べたのを思い出しますが、その時によく来ていたのが、日本在住のウイグル人タンブール奏者、アブライティ・ムハメドニヤズさんでした。祭りでも生演奏を何度か見ましたが、コジマ録音から彼のCD「ウイグル・タンブールの音色」が出たのは、私はUターンして祭りに顔を出せなくなった後の2006年でした。コジマ録音からサンプル盤を頂いて、懐かしく彼のCDを聞いた次第です。

ウズベクのブハラの「6つのマカーム」を意味するシャシュマカームに対し、ウイグルには「12のマカーム」を意味するオンイッキ・ムカームの壮大な体系があります。ウイグル音楽は中央アジア音楽の重要な位置にありますが、当店でのCDの売れ行きはとても良くて手元に資料がほとんど残っていないため、余り回数は出来ないと思います。実はオンイッキ・ムカームの12ムカーム毎のVCDというレアなウイグル盤が手元にあるのですが、放送でかけることは難しそうです。中東の多くのマカーム音楽と同じく、演奏される旋法だけでなく、旋法に属するレパートリーの集合体で、それぞれの楽曲が独自のストーリーや背景などを持っているようです。

ウイグル・タンブールの棹は非常に長く、おそらく低いポジションには手が届かないように思いますので、アブライティ・ムハメドニヤズさんは、ほとんどハイポジションのみで弾いていたように記憶しています。

では、アブライティ・ムハメドニヤズさん(ニックネームはニヤズさん)の演奏を順に抜粋して聞いて行きます。典雅な12ムカムのレパートリーと、ウイグル民謡を披露していますが、中央アジアを強く感じさせながら、仄かな中華風味もある所がウイグル音楽の特徴で、タンブールとドタールのソロを中心に、歌も聴かせます。まず一曲目のチャビャトムカムからどうぞ。

<1.チャビャトムカム 第一ダスタンメルグリ 4分24秒>

12の各ムカームはチョンナグマ、ダスタン、マシュラップの3部で構成され、チョンナグマ、ダスタンにはメルグルを言う優美な間奏曲が多い。12ムカム全曲の演奏には24時間を要する。この曲はその2番目であるチャビャトムカムの一部で、ウイグル民族の深い悩みを表した内容で、どのようにその悩みや困難を克服し、希望を見出すかを、テンポの速い演奏で表現した曲。とありました。

2曲目は、自分が愛する女性に自分の心を伝える、恋人を褒め称えた曲。とありました。

<2.アミレキム(私の恋) 3分24秒>

3曲目は、遠く離れた所で恋人を想い、深く愛する気持ちを緩急のあるメロディで表現したウイグル民謡の名曲。とありました。

<3. ヤル(恋人) 4分56秒>

少し飛んで7曲目は、緑の芝の中から湧き上がるオアシスのチムブラク(緑の泉)を見ながら、緑と水は人間が生きるために大切だと歌い、明るい未来に希望を託した曲。とありました。

<7.チムブラク(芝生の泉) 5分40秒>

8曲目は低音豊かな2弦のドタールの曲です。亡くなって初めて分かる親の有難さ。父親が子供を育てるのにどのくらい苦労したか。大人になった子供が父親の役割の大きさ、大切さを理解し、愛や尊敬の気持ちを歌い上げた曲。とありました。

<8. アタム(私の父) 1分52秒>

もう一曲ドタールの曲を聴きながら今回はお別れです。9曲目のデルクイという曲は「心の響き」と訳されています。タンブールの方は、中央アジアのルバーブと中国の琵琶のちょうど間のように聞こえる曲も多いですが、ドタールでは西域のカラーが明確に出ているように思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<9. デルクイ(心の響き)4分4秒>

|

« スケッチ・オブ・ミャーク 長田孫太郎 | トップページ | ウイグル・タンブールの奏法 »

ウイグル」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スケッチ・オブ・ミャーク 長田孫太郎 | トップページ | ウイグル・タンブールの奏法 »