« ミャオ族 芦笙舞~トラジ~チベットの仮面劇 | トップページ | 女性歌手Ayshamgul Mamat »

2019年9月 9日 (月)

イリとカシュガル ドランのムカーム

ゼアミdeワールド177回目の放送、日曜夜にありました。11日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日はとりあえず「イリとカシュガル」から、ドランはまた探してみます。ニヤズさんの動画と曲は、やはり見当たらずです。

テュルク(トルコ)系のウイグル族の音楽の4回目です。

今回はウイグルの初回にかけましたアブライティ・ムハメドニヤズの「ウイグル・タンブールの音色」の後半にも、なかなかいい曲がありますので、それらを少しおかけしてから、12ムカームの合奏の例としてフランスIneditの2枚からご紹介したいと思います。

「ウイグル・タンブールの音色」の10曲目のゾフラジャニム(私の命ゾフラ)と言う曲ですが、解説に以下のようにあります。「1945年に22歳でアクスで殺害されたイリ生まれのウイグルの革命家リ・ムタリブがアクスの獄中で作った曲。彼はウイグルの自由を取り戻すため戦ったが、思いを果たせず囚われた。いつの日かウイグル社会に目覚めて欲しいと、自分の恋人ゾフラを思いながら、自由への希望を詩に込めている。」こういう曲です。

<10. Zohrajanim 3分50秒>

15曲目のヘスレトという曲は、ウイグル語で傷心とか悲哀を意味し、遠く離れて暮らしている愛する母が亡くなったとの知らせで、込み上げる悲しみを表した曲。とのことです。

<15. Hasrat 4分37秒>

12ムカームの歌と合奏の方に移りますが、先ほどの曲に出てきたイリの街が出てくる音源で「ウイグルの音楽 イリとカシュガルの伝統」という仏Inedit盤からいくつかご紹介します。前に言いました通り、ウイグルの盤は売り切れで手元にないものが多いので、iPhoneのデータからの音出しになります。まずこの盤についてゼアミHPに書いた拙文を読み上げてみます。

*中国西部のトルコ系ウイグル族の音楽で、タクラマカン砂漠周辺の代表的オアシス都市の伝統音楽演奏。演奏者は名前を見る限りロシア名が多く、隣国のウズベクを中心に活動している音楽家のようで、彼等のような言わばディアスポラ・ウイグルの音楽家の方が、ウイグル音楽本来のスピリットをより良く保っていると言われる。どんなに長い腕でも低いフレットにはまず届かない超長棹のタンブールを中心としたアンサンブルやソロを伴奏に、悠久の中央アジア節がたっぷりと堪能でき、ウズベク音楽との比較でも興味が尽きない。弦楽器のゆったりとくゆらすような音が中央アジアしていてたまりません。

この録音から、女性歌手Ayshamgul Mamatがフロントに出たMuqam Rokhsari : muqam bashiと2曲目のChants de Kachgar(カシュガルの歌)の途中まで続けておかけします。これまでソロで聞いた撥弦楽器のタンブール、ラワープ、ドタールの他に、擦弦のギジャクが活躍しています。

<1 Muqam Rokhsari : muqam bashi 4分20秒>

Muqâm rokhsari


<2 Chants de Kachgar 10分14秒 抜粋>

Chants de kachgar/kashgar songs


もう一枚、2000年代に入って「中国のトルキスタン ドランのムカーム」という盤も仏Ineditから出ておりまして、こちらはモンゴル起源とも言われるウイグル内少数民族のドラン族の音源です。どこか東アジア的だったり、コーラスする辺りはカッワーリにも似ていたり、本当に同じウイグルかと思う程でもあります。この盤についてゼアミHPに書いた拙文を読み上げてみます。

*タクラマカン砂漠の新疆ウイグル自治区(=東トルキスタン)の音楽。行政区分としては中国に含まれるが、独自の文化を保持し、ムスリムのウイグル人が多くを占める新疆ウイグル自治区。キルギス、カザフ、インド、パキスタン等と接しており、その音楽の様相も中央アジアのそれと近いものがあります。本作はなかでも辺境の、ドラン地区のムカームを収録。楊琴型ツィターのカルーン、弓奏弦楽器のギジャック、ラワープといった弦楽器の伴奏に、枠太鼓ダップをもった歌い手、という編成。繊細な弦の音と、コブシをきかせながら野太い声を張り上げて歌う男たちの合唱とのコントラストが印象的。

では最後に、この「中国のトルキスタン ドランのムカーム」から、Bash BayawanとZil Bayawanを時間まで聞きながら今回はお別れです。最後の9曲目以外の全ての曲のムカーム名の終わりにBayawanという言葉が付いています。(意味は今のところ不明です)

各2時間を要するウイグルのムカームよりずっと短く、各6~10分位で、合計9つなので、このCDには全てのドラン・ムカームが入っているということになります。それらは常に踊りを伴い、解釈は極めて自由で、即興的にパラフレーズして演じられるそうです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 Bash Bayawan 5分47秒>

<2 Zil Bayawan 6分39秒>

|

« ミャオ族 芦笙舞~トラジ~チベットの仮面劇 | トップページ | 女性歌手Ayshamgul Mamat »

ウイグル」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミャオ族 芦笙舞~トラジ~チベットの仮面劇 | トップページ | 女性歌手Ayshamgul Mamat »