« Qetiqの沁みる歌 | トップページ | ウルヴィ・エルグネルのアル・スール盤 »

2019年10月10日 (木)

ケティックのモルゲンラント音楽祭のライブ

ケティックのドライエルガイド盤の録音は2010年と2012年でしたが、2014年のモルゲンラント音楽祭のライブ映像がありました。最初に出てくるのが、ドラン・ムカームをテーマにした同名曲で、放送では番組の最後に少しだけかけて終わりました。CDと同じで、このインパクトの強い曲をライブの最初に持ってきているのかなと思いました。87分の映像の中には、例の3曲の内、何曲か出てきますし、カザフの倍音唱法を披露する部分、ドタールなどの民族楽器の演奏など、放送でかけられなかった音源が色々と出てきます。
2本目はCDで共演していた女性歌手かどうか不明ですが、タリム(労働者の歌)のライブ映像で、ピパの伴奏付きです。
3本目は、ドラン・ムカームの楽師たちがパリを訪れた際の映像。イネディ盤の録音の際の映像でしょうか? 音楽同様、味のある叔父さん達です。バックの音楽はケティックのドラン・ムカームです。

Perhat Khaliq`s Qetiq live at Morgenland Festival Osnabrück 2014

Qetiq - Tarim (concert)

Dolan in Paris (Dolan Muqam group from Mekit) Music Perhat Khaliq (Qetiq)

|

« Qetiqの沁みる歌 | トップページ | ウルヴィ・エルグネルのアル・スール盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Qetiqの沁みる歌 | トップページ | ウルヴィ・エルグネルのアル・スール盤 »