« ジョルディ・サヴァールとカンテミルオール | トップページ | アッシリア教会のアラム語聖歌とウィーン少年合唱団の「きよしこの夜」 »

2019年12月20日 (金)

カンテミルオールの伝記映画、文字譜、トルコ古典楽器演奏

カンテミルオールについて、大変に興味深い映像が見つかりました。1本目は彼のおそらく後半生を描いた伝記映画のようで、このような映画が1973年にモルドヴァ(ルーマニア東北部のモルドヴァ地方ではなく、その東に接する旧ソ連のモルダヴィア共和国のことだと思います)で作られていたということに、まず驚きました。2本目は彼が考案した文字譜と思われるアラビア文字のバックで、彼が書いたと思しきペシュレヴをイランの音楽家が演奏しています。3本目は、トルコの古典楽器の演奏で見た中では、カンテミルオールの曲の最もいい演奏だと思いました。
以下はウィキペディアのカンテミルオールの記事からです。「1688年から22年間をイスタンブールで過ごした。イスタンブールではスルタン・アフメト2世に才能を愛され、東洋の諸言語と文化、音楽を学んだ。1710年、兄アンティオフの跡を継いでモルダヴィア公に任命されイスタンブールを離れるが、翌1711年に始まったロシアとオスマン帝国の戦争においてオスマン帝国を裏切り、ロシアのピョートル1世に降伏した。しかし、この戦争はピョートルの大敗に終わり(プルート川の戦い)、モルダヴィアを含めた占領地はオスマン帝国に奪還されてしまったため、カンテミールはロシアに亡命生活を余儀なくされた。カンテミールはロシア貴族の待遇を受けて(公爵・宮廷顧問官)余生を送り、1723年にハリコフで亡くなった。」

" Dimitrie Cantemir " 1973 (Moldova Film)

Cantemir: pishrow (peşrev) in maqâm Bozorg

Sekiz Tanbur - Murat Aydemir - Rast Pesrevi (Kantemiroglu)

|

« ジョルディ・サヴァールとカンテミルオール | トップページ | アッシリア教会のアラム語聖歌とウィーン少年合唱団の「きよしこの夜」 »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョルディ・サヴァールとカンテミルオール | トップページ | アッシリア教会のアラム語聖歌とウィーン少年合唱団の「きよしこの夜」 »