« キャーニ・カラジャとジヌチェン・タンルコルル | トップページ | トルコのチェロ »

2020年1月27日 (月)

タンブーリ・ジェミル・ベイのタンブールとケメンチェ

ゼアミdeワールド197回目の放送、日曜夜にありました。29日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今回はタンブールとケメンチェの音源のみです。他の動画はまた後日。

トルコの14回目になります。今回はトルコ音楽史上最高のタンブールの名手と言われるタンブーリ・ジェミル・ベイ(Tanburi Cemil Bey)の演奏を聞いて行きたいと思います。タンブールは、中央アジアやクルドの同名楽器と異なり、トルコ音楽の9分の1の微分音を表現するために、長い棹にびっしりフレットが付いている弦楽器です。

ジェミル・ベイはタンブール名人を表すタンブーリの称号を頭に付けて呼ばれるのが常ですが、他にも擦弦のケメンチェ、チェロ、ヤイリ・タンブール、撥弦ではウードに似た4コース復弦のラウタも弾くというマルチプレーヤー振りです。生没年は1871または1873年~1916年ですから、オスマン帝国時代末期の音楽家になります。

前回のウーディ・フラントと同じく彼の音源もアメリカのTraditional Crossroadsから第5集まで出ておりまして、このシリーズは1910~14年にブルーメンタル・レコードとトーキング・マシーン・カンパニーによって行われたアコースティック録音からのCD復刻でした。タクシーム以外の形式ではペシュレヴやサズ・セマーイが中心で、前にかけましたが、おそらく一番よく知られている彼の曲、ケメンチェによるチェチェン・クズ(チェチェンの娘)は第2集に入っています。100年前の録音のため、ノイズが入っております点はご了承ください。

まずタンブールの演奏は、第2集からシャドアラバン旋法のサズ・セマーイをおかけします。ムトゥル・トルンのウード教本にも載っている名曲です。

<2-15 Setaraban Saz-Semai 3分19秒>

Tanburi Cemil Bey - Şedâraban Saz Semâisi (Tanbur) [ Külliyat © 2016 Kalan Müzik ]


次は同じシャドアラバン旋法のペシュレヴです。演奏の順番としてはこちらが先ですが、タンブールの音をまずお聞かせしてからと思いましたので、逆になりました。ペシュレヴはケメンチェで演奏していて、珍しくピアノの伴奏が付いています。

<5-1 Setaraban Pesrev (Kemence) 3分33秒>

Tanburi Cemil Bey - Şedaraban peşrev.. Piyanist Cemal Bey ile


チェロの独奏も数曲ありまして、Muhayyer Taksim (Violoncello)をおかけしておきます。チェロまで弾いていたのには驚きますが、息子のメスード・ジェミルもタンブールとチェロの名手として知られています。音源がありますので、次回かける予定です。

<4-16 Muhayyer Taksim (Violoncello) 3分43秒>

ウードに似たラウタの演奏として、ムトゥル・トルンのウード教本に採譜が載っているUssak Taksim (Lavta)をおかけしておきます。

<5-13 Ussak Taksim (Lavta) 3分18秒>


ここで催しの告知を入れます。

2/2に今治総合芸能祭の13回目がありますが、その4番目の演目「星巡りの歌」にチェロで出ることになりました。宮沢賢治の有名な自作曲を林光が編曲した曲です。その他「昴」など星に関する曲をメドレーで演奏します。女声合唱、クラリネット、ピアノ、トーンチャイムとの共演です。場所は今治中央公民館4階、開催時間は13時から、入場無料です。

次に2/20の方です。

2017年の12月から毎偶数月に開催し、13回続きました終活カフェ@Cafe トーク・トークですが、セミナー担当者の多忙のため、今後は12月のみになりました。

今後は木曜公開練習の本来の目的に立ち戻って、弦楽四重奏の研鑽の場にしたいと思います。早速、第一回目の発表会を2月20日の同じ17時から開催致します。こちらでは私は主にヴァイオリンを担当しております。(毎偶数月にするかどうかは検討中です)

宜しければ是非お越し下さい。入場無料ですが、駐車場に限りがありますので、ご一報頂けましたら幸いです。

Cafe トーク・トーク

今治市北高下町2-1-7ハイツ近藤2の1階

以上、催しのお知らせでした。


先ほどかけましたタンブーリ・ジェミル・ベイのシャドアラバン旋法のペシュレヴとサズ・セマーイを、現代のクドゥシ・エルグネルのアンサンブルが演奏した盤がドイツのCMPからありましたので、比較でかけておきます。これらを聞きながら今回はお別れです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 Peshrev & Semai of Tanburi Djemil Bey  Seddiaraban Peshrev 4分47秒>

<3 Peshrev & Semai of Tanburi Djemil Bey  Seddiaraban Saz Semai 6分55秒>

|

« キャーニ・カラジャとジヌチェン・タンルコルル | トップページ | トルコのチェロ »

トルコ音楽」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャーニ・カラジャとジヌチェン・タンルコルル | トップページ | トルコのチェロ »