« チェロ、ヴィオラ、ケメンチェのオスマン・トリオ | トップページ | サマーイ・ナハーヴァンド(アラブ音楽の場合) »

2020年2月 6日 (木)

Necdet Yaşar / Göksel Baktagir "Nihavend Saz Semâi "

メスード・ジェミルが書いたSama'i Nahawandは、アラブ音楽としての名演は数多いですが、今回はトルコ音楽として見ておきたいので、探していたら、ネジデト・ヤシャルとゲクセル・バクタギルの演奏がありました。タンブール奏者のネジデト・ヤシャルは、1930年生まれ2017年死去ですから、メスード・ジェミルとはちょうど親子のような年の差でしょうか。アカギュンデュズ・クトバイなどと同世代で共演も多く、ミュニール・ヌーレッティン・セルチュクの伴奏もしていた盤がありました。カーヌーン奏者のゲクセル・バクタギルは名前をよく聞くようになった頃でしょうか。1989年頃はまだ若手だと思います。

Necdet Yaşar / Göksel Baktagir "Nihavend Saz Semâi " 1989

|

« チェロ、ヴィオラ、ケメンチェのオスマン・トリオ | トップページ | サマーイ・ナハーヴァンド(アラブ音楽の場合) »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェロ、ヴィオラ、ケメンチェのオスマン・トリオ | トップページ | サマーイ・ナハーヴァンド(アラブ音楽の場合) »