« ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ | トップページ | 「ハーレムの歌」Ensemble des Femmes d'Istanbul »

2020年3月19日 (木)

Nesrin Sipahi & The Kudsi Erguner Ensemble

ネスリン・スィパヒについてはCMP盤の格調高い演奏を先に聞いたものですから、そのイメージが強かったのですが、大体は3本目のような軽古典的なサナートやポップスも多かったようです。CMPの一曲目Kimseler Gelmez Senin Feryadi Ates Barinaは、ゼキ・ミュレンの歌唱もありましたので、2本目に上げておきます。作曲者のシェヴキ・ベイはウッシャークにこだわっていたようですが、特にこの曲は今でもよく知られているのでしょうか。他にも何人かの歌唱でありました。(以下放送原稿を再度)

もう一人の女性歌手ネスリン・シパヒですが、クドゥシ・エルグネルのアンサンブルとの共演盤がドイツのCMPから91年に出ておりまして手元にありますので、こちらからご紹介します。シャルクからサナート、更には軽古典的な歌唱を聞かせるこの人の活動全盛期は50年位前になると思いますので、ベテランの域に達してから、洗練されたエルグネルのアンサンブルと共演した話題盤だったと思います。オスマン音楽の格調高さと「艶」を感じさせる歌唱を味わえる一枚です。因みに、彼女はクリミア・タタールの血を引く家系とのことです。一曲目のシェヴキ・ベイ作曲のウッシャーク旋法のシャルク「誰もあなたの絶望的な叫びを聞くことができない」をまずどうぞ。

<1 Nesrin Siphahi & The Kudsi Erguner Ensemble / Sharki: Love Songs Of Istanbul ~Kimseler Gelmez Senin Feryadi Ates Barina 4分6秒>

Nesrin Sipahi Kimseler Gelmez Senin Feryadi Ates Barina


Zeki Müren - Kimseler Gelmez Senin Feryâd-ı Âteş-Bârına


Nesrin Sipahi - Nesrin Sipahi-1 ( Full Albüm )

|

« ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ | トップページ | 「ハーレムの歌」Ensemble des Femmes d'Istanbul »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ | トップページ | 「ハーレムの歌」Ensemble des Femmes d'Istanbul »