« トルコのクラリネット名人シュクリュ・トゥナル | トップページ | ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ »

2020年3月16日 (月)

サフィイェ・アイラとネスリン・シパヒ

ゼアミdeワールド204回目の放送、日曜夜にありました。18日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日はサフィイェ・アイラのみにしまして、ネスリン・スィパヒはまた後日。

トルコの21回目になります。今回はトルコの古典音楽からサナートの女性歌手二人、サフィイェ・アイラとネスリン・シパヒの音源をご紹介したいと思います。
まずは1910年前後の生まれで98年に亡くなった、トルコの名女性歌手サフィイェ・アイラですが、この人の音源は土Kalan Muzik Yapimの「トルコ歌謡の伝説」2枚組を初め、トルコCoskun(ジョシュクン)のCile BulBulum CileとYanik Omerなどがありますが、ヤヌク・オメルだけ手元に残っていますので、こちらからご紹介します。
サフィイェ・アイラはトルコ現代歌謡の元祖的な歌手の一人で、トルコ共和国の初代大統領ケマル・アタテュルクのお気に入り歌手だったエピソードは有名です。妖艶で繊細極まりない歌声の持ち主で、この盤はウッシャーク、ムハッイェル、ヒュセイニ等の旋法で書かれたシャルク(歌曲)を中心に、ウード、カーヌーン、ケマンのタクシームも挿まれています。
最初のウードのタクシームから始まる数曲が非常に美しいので、続けておかけします。彼女はウード奏者のシェリフ・ムヒッディン・タルガン(Şerif Muhiddin Targan)と1950年に結婚して1967年まで一緒に活動していたそうですので、このウード・ソロは彼女の夫かも知れません。彼はイラクに招かれた1930年代にはバグダッド音楽院の学部長になり、ここからは後にウード名人のムニール・バシールが出ています。夫の死後はハルクやポップスも歌ったということですので、これまでに何度かかけたウスクダラは、この頃の録音になるでしょうか。この盤のジャケットには若くて美しいサフィイェ・アイラが写っています。

<1 Safiye Ayla / Yanik Ömer ~Ud Taksimi 2分7秒>

<2 Safiye Ayla / Yanik Ömer ~Aşkından Sen Nasıl Bıktın 3分23秒>

Safiye Ayla - Aşıkından sen nasıl bıktın



<3 Safiye Ayla / Yanik Ömer ~Kanun Taksimi 1分8秒>

<4 Safiye Ayla / Yanik Ömer ~Titrer Yüreğim 2分56秒>

もう一曲、この盤からタイトル曲のヤヌク・オメルもおかけしておきます。オスマン音楽の歌と器楽の素晴らしさが凝縮された一曲と言えると思います。

<7 Safiye Ayla / Yanik Ömer ~Yanık Ömer 3分39秒>

Safiye Ayla - Yanık Ömer


もう一人の女性歌手ネスリン・シパヒですが、クドゥシ・エルグネルのアンサンブルとの共演盤がドイツのCMPから91年に出ておりまして手元にありますので、こちらからご紹介します。シャルクからサナート、更には軽古典的な歌唱を聞かせるこの人の活動全盛期は50年位前になると思いますので、ベテランの域に達してから、洗練されたエルグネルのアンサンブルと共演した話題盤だったと思います。オスマン音楽の格調高さと「艶」を感じさせる歌唱を味わえる一枚です。因みに、彼女はクリミア・タタールの血を引く家系とのことです。一曲目のシェヴキ・ベイ作曲のウッシャーク旋法のシャルク「誰もあなたの絶望的な叫びを聞くことができない」をまずどうぞ。

<1 Nesrin Siphahi & The Kudsi Erguner Ensemble / Sharki: Love Songs Of Istanbul ~Kimseler Gelmez Senin Feryadi Ates Barina 4分6秒>

5曲目の3拍子の曲も印象的で、オズベハン作曲のサバー旋法のシャルク「おお、風よ、私はいつ愛する人と一緒になれる?」という曲です。

<5 Nesrin Siphahi & The Kudsi Erguner Ensemble / Sharki: Love Songs Of Istanbul ~Ey Bad-I-Saba Yar Ile Vuslat Ne Zamandir 4分3秒>

では最後に、ラストを飾っているサーデッティン・カイナク作曲のセガー旋法のシャルク「それは風のように儚いと思った」という曲をおかけします。タンブールのタクシームに始まるセガー旋法のデリケートで移ろいやすい感じは、とてもオスマン音楽らしく思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<13 Nesrin Siphahi & The Kudsi Erguner Ensemble / Sharki: Love Songs Of Istanbul ~Bir Ruzgardir Gelir Gecer Sanmistim 5分9秒>

|

« トルコのクラリネット名人シュクリュ・トゥナル | トップページ | ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ »

トルコ音楽」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルコのクラリネット名人シュクリュ・トゥナル | トップページ | ウード奏者シェリフ・ムヒッディン・タルガンとサフィイェ・アイラ »