« アラブ・アンダルシア風?ハルク(トルコ民謡) Muzaffer Akgün | トップページ | イサーク・アルガズィの歌うユダヤ教宗教歌 »

2020年3月 9日 (月)

オスマン・トルコのセファルディー系カントール

ゼアミdeワールド203回目の放送、日曜夜にありました。11日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日はイサーク・アルガズィのみにします。シュクリュ・トゥナルはまた後日。放送でガザルのことを「恋愛を主題にしたペルシアの定型抒情詩」と原稿を書いてあったのに、間違えて叙事詩と読んでいました。お詫びして訂正いたします。

トルコの20回目になります。今回もトルコの古い録音ですが、まず米Rounderの「トルコ音楽の巨匠たち」の1枚目から抜粋しておかけします。
まずは、ZeAmiブログで予告しておりましたトルコのスペイン系ユダヤ人のカントールの録音からおかけします。1枚目に2曲収録されているイサーク・アルガズィ・エフェンディは、1889年トルコのイズミールで生まれ、1950年ウルグアイで客死したラビでありカントール(ユダヤ教の礼拝堂シナゴーグでの合唱長)でした。オスマン帝国崩壊の1920年代にはセファルディー系カントールとして右に出る者がないと言われていた存在で、ヘブライ語でネイーム・ズミロット・イスラエル(Sweet Singer of Israel)と呼ばれた人です。独Wergoと土Kalan Muzik Yapimの音源に入っているユダヤ教の歌でもウードやカーヌーン伴奏のいかにもオスマン・トルコ的なマカームに則った見事な歌唱を聞かせますが、ラウンダーの1枚目に入っている曲はオスマン音楽のガゼルとシャルクになるようです。ガゼルとは、恋愛を主題にしたペルシアの定型抒情詩ガザルから来ています。トルコ語の曲名は長くて読みが難しいので省きますが、ガゼルとシャルクを続けておかけします。

<4 Isak el-Gazi / Bî-karar olmaktı sevmekten murâdı gönlümün (gazel) 2分50秒>

Isak El-Gazi - Bî-karâr olmaktı sevmekten murâdı gönlümün (Hicâz Gazel)


<10 Isak el-Gazi / Bir katre içen çeşme-i pür-hün-i fenâdan (şarkı) 3分48秒>

この盤には、他にサフィイェ・アイラの歌唱が2曲、ミュニール・ヌーレッティン・セルチュクの歌唱が1曲、ギュリスタン・ハヌムの歌唱が1曲、Hafız Burhan Sesyilmazもクルドの山歌ではないオスマン古典曲が1曲、タンブーリ・ジェミル・ベイのヤイリ・タンブールのタクシームやウーディ・マルコ・メルコンのタクシームなどが入っていますが、いずれも今回は省きまして、前回のラストにかけましたシュクリュ・トゥナルのクラリネットをフィーチャーしたチフテテリもありますので、こちらをおかけしたいと思います。まず前回10秒ほどしかかけられなかった第2集の素晴らしいTaksim: Makam Rastを全てかけてから、1枚目のチフテテリまで続けておかけします。

クラリネットはベリーダンスやトルコのジプシー音楽などに盛んに用いられますが、微分音をコントロールした驚異的な超絶技巧を披露していると思います。

<23 Şükrü Tunar / Taksim: Makam Rast 3分16秒>

<11 Şükrü Tunar / Klarnet Çiftetelli 2分43秒>

もう一枚予定しておりました米Traditional Crossroadsからの「イスタンブール1925」もシュクリュ・トゥナルのクラリネットで始まります。この人の生没年は1907-62年で、ジプシーの出身とのことです。サナートの有名な歌手ゼキ・ミュレンのバンドリーダーをしていたそうです。一曲目のヒュッザム旋法のタクシームをおかけします。

<1 Şükrü Tunar / Huzzam Taksim 3分20秒>

主にジプシーの踊りのリズムであるチフテテリを、前に取り上げました盲目のアルメニア系ウード名人ウーディ・フラントが弾いているトラックがありますので、そちらをどうぞ。

<4 Udi Hrant / Cifte Telli 3分11秒>
 

米Rounderの「トルコ音楽の巨匠たち」の1枚目は、歌ものに比重が置かれていますが、Traditional Crossroadsからの「イスタンブール1925」は、器楽が多く収録されていて、とりわけシュクリュ・トゥナルのクラリネットが最初と最後を飾った上に、合計4曲も入っています。Suzinak旋法のタクシームとKarslamaを時間まで聞きながら今回はお別れです。
カルシラマは2+2+2+3の9拍子ですが、ゼイベクやゼイベキコとは別で、トラキアの土地と関係が深い舞踊のリズムです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<10 Şükrü Tunar / Suzinak taksim 3分18秒>

<11 Şükrü Tunar / Karslama 3分9秒>

|

« アラブ・アンダルシア風?ハルク(トルコ民謡) Muzaffer Akgün | トップページ | イサーク・アルガズィの歌うユダヤ教宗教歌 »

トルコ音楽」カテゴリの記事

セファルディー」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラブ・アンダルシア風?ハルク(トルコ民謡) Muzaffer Akgün | トップページ | イサーク・アルガズィの歌うユダヤ教宗教歌 »