« アリフ・サーのバーラマ | トップページ | コーカサス系のウミット・トクジャン »

2020年4月 8日 (水)

ウミット・トクジャン(ユミット・トクチャン)のウシュクダラ

トルコ軍楽のジェッディン・デデンと並んで、おそらくトルコの曲で最も有名なイスタンブール民謡のウスクダラを一躍有名にしたのは、ウミット・トクジャンの名唱だったと思います。80年の来日時の録音がキングの例の盤に残っています。80年代頃はウシュクダラと呼ばれることが多かったので、この盤でもその表記になっています。しかし、バーラマのアリフ・サー、ウミット・トクジャン共に何と若いことでしょうか!(右から6人目に小泉文夫氏が見えます)
この人の名前は、ウミット・トクジャンで呼びならわされてきたように思いますが、正確な綴りはÜmit Tokçanのようなので、ウミット・トクジャンと言うより、ユミット・トクチャンとする方が元の音に近いと思います。2本目は最近のユミット・トクチャン。ロマンス・グレーの叔父さんになっても、全く変わらない素晴らしい歌声! 驚きました。

Ümit Tokcan & Arif Sağ -Üsküdar(Japonya 1980)


Ümit Tokçan--Nolur Ey Gelin Nolur


|

« アリフ・サーのバーラマ | トップページ | コーカサス系のウミット・トクジャン »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリフ・サーのバーラマ | トップページ | コーカサス系のウミット・トクジャン »