« ウミット・トクジャン(ユミット・トクチャン)のウシュクダラ | トップページ | トルコ中東部の舞踊 ハライ(Halay) »

2020年4月 9日 (木)

コーカサス系のウミット・トクジャン

ウミット・トクジャンについて、もう少し調べてみました。トルコ北部オルドゥ生まれと言うのが気になったので。彼はグルジアのバトゥミから移住したコーカサス地方の家族の息子としてオルドゥに生まれたそうです。それで「チェチェンの娘」と言うトルコ東北部、黒海沿岸のトラブゾン地方の民謡を歌っていたのかもと思いました。1944年生まれですから、キング盤録音当時で36歳、現在は75歳で、若い頃の端正な男前振りからもコーカサス系というのは納得です。トクジャンのCの下にカンマが付けばチャ、付かなければジャの音になりますが、表記は両方あります。
1本目が「チェチェンの娘」、2本目はキング盤音源の3曲目「鶴は寂しく空を飛ぶ」と4曲目「チェチェンの娘」です。3曲目はクルシェヒル地方の民謡で、異郷から飛来した鶴に、失った愛を訴えていると言う内容で、歌詞のメジュヌーンとは中東の名高い悲恋物語「ライラとマジュヌーン」のマジュヌーンを指していて、恋に狂い沙漠を彷徨った主人公をモデルにしています。3本目も3曲目「鶴は寂しく空を飛ぶ」ですが、50代くらいの歌唱でしょうか。この曲はウズン・ハワ(長い歌)の典型でもあります。ウズン・ハワとクルク・ハワについて次回の放送分で解説しようと思っていました。

Yaylanın Çimenine


Ümit Tokcan- Bozlak ve Yaylanın Çimenine (Japonya CD,1980)


ümit tokcan-bozlak (uzun hava)

|

« ウミット・トクジャン(ユミット・トクチャン)のウシュクダラ | トップページ | トルコ中東部の舞踊 ハライ(Halay) »

トルコ音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミット・トクジャン(ユミット・トクチャン)のウシュクダラ | トップページ | トルコ中東部の舞踊 ハライ(Halay) »