« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月29日 (金)

湯の町エレジー

今日のエールの村野鉄男とカフェーの女給、希穂子さんの悲恋物語、とても印象に残りました。このシーンと、選考会で音さんが歌う「椿姫」終盤のアリア「過ぎし日よ、さようなら」を被せると言う見事な展開。女給役・入山法子さんの演技が特に素晴らしかった。今日は主役より目立ってました。村野鉄男は、古関裕而の親友で作詞家の野村俊夫がモデルですが、彼の曲で一番有名なのは、作曲が古賀政男になりますが「湯の町エレジー」でしょう。聞いてて、どこか今日のドラマを思い出します。近江敏郎のナンバーワンヒットです。

水曜は再放送枠で無事放送されました。来週はトルコのセファルディーです。

湯の町エレジー 近江俊郎

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

古関裕而の名曲「白いランプの灯る道」

「エール」を毎朝店に出る前に楽しく見ていますが、6/27の放送の後は残念なことにコロナの影響で休止するそうです。出世作の早稲田応援歌「紺碧の空 」が出た所ですが、この後はどんな曲が出てくるかも楽しみです。ご当地ソングの「船頭可愛や」辺りが出た後は、軍歌の時代に入りますが、どんな風に描写されるでしょうか。「露営の歌」など、涙をたっぷり含んだ名曲が色々あります。戦後は「白鳥の歌」「とんがり帽子」「長崎の鐘」辺りとかが来て、伊藤久男(エールでは佐藤久志)も出ていることですし「イヨマンテの夜」で締めでしょうか。あるいは岸恵子主演の「君の名は」かも。いや、60年代に入って「モスラの歌」も外せないですね。私は70年代の『オールスター家族対抗歌合戦』の審査員としての柔和なお爺ちゃんの姿が目に焼き付いています。コロンビアの懐メロは色々音源を持っているので、奥さんの金子さん(エールの音さん)の録音がないか、探しているところです。
今日の動画は、奈良光江さんの代表曲「白いランプの灯る道」で、古関裕而さんの代表作とも言えるでしょう。実は98年頃ナツメロ番組で奈良さんと近江敏郎(やはり『オールスター家族対抗歌合戦』で審査員でした)の1971年の「悲しき竹笛」の映像を見て、余りに美しい歌声と白い着物の舞台姿にぞっこんになりまして。正に佳人薄命の生涯で1977年に53歳の若さで亡くなり、1998年の5/14が21周忌でした。故郷の青森の弘前で行われる式に参列したいと思い立ち、ご家族に連絡を取ってから品川からの夜行バスに飛び乗りました。奈良さんのお墓の前で同級生の方たち(当時75歳)と写真も撮りました。その時お聞きしたのですが、77年の告別式で流されたのが、この「白いランプの灯る道」だったとのこと。涙涙の名曲です。
2本目はその1971年の「悲しき竹笛」です。1946年のオリジナル録音より40代に入ってからのこの歌唱の方が私は好きです。作曲者は古賀政男。エールでは木枯正人です。番組で「影を慕いて」が出てきましたが、少し節が違っていました。そういえば藤山一郎の出世作「丘を越えて」も出てきましたが、当時は大正のモボモガの流れの曲だったのだろうなと思いました。
一つ古関メロディの大名曲を忘れていました。「栄冠は君に輝く」ですが、今年は夏の甲子園がないので、この曲を熱く聞けないのがとても残念です。

白いランプの灯る道(昭和26年)奈良 光枝


XAA462 悲しき竹笛 近江俊郎&奈良光枝 (1946)1971・130814 vL HD

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

マイク音量が。。(*_*;

2週続けてマイクの音がほとんど出ていませんでした。聞いて頂いた方、本当に申し訳ございません。10日分のモノラルプラグの時にもスタジオでステレオへのマイク音声の加工が必要でしたが、問題は接続をステレオプラグに変えてからで、録音ソフト上ではちゃんと波形が出ているのに、人間の耳には聞こえないけど機材が反応するノイズがあるそうで、そのノイズが大きいことで、大きな音をある一定の音に制限をかける装置が働いているのでは、と言うことでした。17日分は明らかに大き過ぎたので、24日分では音量を控えて波形もちょうど良いと思っていただけに残念です。ノイズ除去とレベルアップの方法はあるようですが、そんなにスタッフの方にお手を煩わせられないので、スタジオ再開したことですし、次回からラヂバリスタジオで録ります。17日分については、かすかにマイクの音も聞こえましたし、既にブログにも色々書きましたので、24日分を今週の収録で再録音しようと思います。放送の原稿を上げるのも来週の月曜にします。足並みそろえて番組を休んでおけば良いのに、結局安物買いの銭失いでした(苦笑)
と言うことで、今週はブログもまばらになるかと思います。動画は、未アップのアシュク・ヴェイセルです。

Aşık Veysel-Hiçbir Türlü Bulamadım Ben Beni

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

ブズーキとバーラマ

今日はギリシアとトルコの代表的な弦楽器、ブズーキとバーラマの映像を上げておきます。ブズーキは、ギリシアではあってもブルガリア系少数民族ポマクの演奏家の映像です。(ギリシア人の演奏は、ギリシアに回った時に取り上げます)タイトルのギリシア文字、ΣΜΙΝΘΗ ΜΟΥΣΤΑΦΑ ΑΧΜΕΤΣΙΚ ΠΟΜΑΚΟΙは、スミンティ・ムスタファ・アフメツィク・ポマコイと読めると思います。ムスタファとあるので、ムスリムと分かります。
ブズーキの原型はトルコのサズにあり、サズの中型のバーラマは、ギリシアの小型ブズーキのバグラマに名前が残っています。
2本目はバーラマ弾き語りのアシュクの名人中の名人、アーシュク・ヴェイセルの生映像。まだ何本か巨匠を生で拝める古い映像がありました。しかも28分を越えるモノクロ映像。是非「語り部」の弾き語りをじっくりご堪能下さい。解説に曲目を書いている人がいました。

05:17 - 08:28 uzun ince bir yoldayım
09:42 - 13:36 hiçbir türlü bulamadım ben beni
16:42 - 20:14 Kafidir
22:36 - 26:42 Kara toprak

ΣΜΙΝΘΗ ΜΟΥΣΤΑΦΑ ΑΧΜΕΤΣΙΚ ΠΟΜΑΚΟΙ.wmv


Aşık Veysel

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

スラヴ、ギリシア、トルコが混在するポマク

放送でかけたKalan Muzikの盤には「Music and Pesna of the Pomak in Anatolia」と英題があるように、アナトリア(トルコ)側の音源なのでしょう。しかし、ポマクはブルガリア、トルコ、ギリシア、マケドニアに跨って住んでいるので、それぞれの音楽も散見できます。一本目のように、ギリシアのブズーキを持ちながら、歌っているのはポマクの歌でブルガリア語混じりかもと言うのは、何とも面白い例です。よく見るとスラヴ系の語彙がギリシア文字で表記されているのではと思いました。
マケドニアについては、ウィキペディアに以下のようにありました。「ブルガリア人の間では、マケドニア語はブルガリア語の一部であるとみなされており、マケドニア語を母語とするムスリムはポマク(ムスリム・ブルガリア人)であると見られている。」これにはかなり驚きました。
はっきりとマケドニア側と思われる映像は見つかっていませんので、取り合えず2本上げておきます。バグパイプ伴奏で女性が歌っている2本目は、ギリシアかブルガリアのロドピ地方の映像ではと思われます。3本目は他と比べると歌も踊りも随分と中東的で、間違いなくトルコ側でしょう。

Pomak song Svetna moma hubova.mpg


EMINE NURIE YE BOLNA LEGNALA POMAK SONG.mp4


Pomakça Türküler- Kule Mumiçe - Güzel Kız - Momic кулата (помашко)

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

記事数3000はポマク

遂にゼアミブログの記事数が3000になりました。3000回目は何が来るかと思ったら、ポマクでした。番組を持つ前の何年か前にも取り上げたように思いますが、やはりトルコにスラヴ系のブルガリア人が住んでいたとは驚きです。バルカンのギリシア、ブルガリア、マケドニアにもポマクはいて、ブルガリア側でムスリムはポマクと呼ばれるようですので、pomak türküleriで検索してみました。少しでもトルコ側率が上がるように思いまして。
1本目は衣装もそれらしいので、ブルガリア側の映像では。放送でかけたタンブールは、この弦楽器だと思います。2本目の男性のヘテロフォニックな合唱は、おそらくトルコ側ではないかと思います。耳に手をかざして朗詠のように歌われる節は、日本の木遣りにちょっと似た感じです。

Pomak Yöresel Türküleri


Pomakça Türkü-Biga Pomaklar Derneği

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

Aşık Veyselの歌声

ゼアミdeワールド209回目の放送、日曜夜10時にありました。20日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。前回CDのノイズがあったのと、マイクがモノラルだったので、ステレオのプラグを入手しましたが、抵抗が入っているのかレベルが上がらないので、ボリュームバランスを上げたら割れていたようです。調整されて放送されるとマイク音量は逆に小さくなっていました。次回はこの問題を何とか克服したいと思います。今日の動画はアシュク・ヴェイセルのみにしておきます。何とカラ・トプラクの生映像がありました。

トルコの26回目、トルコ民謡の3回目になります。
トルコのサズ弾き語りの吟遊詩人をアシュクと言いますが、アシュク・ヴェイセルは、その代表的な名歌手です。この番組をずっと聞いて頂いている方には、中央アジアの吟遊詩人と繋がる何かを感じて頂けるのではと思います。1894年生まれ1973年没の、このアナトリアの盲目の吟遊詩人が視力を失ったのは、オスマン時代末期に流行った天然痘によってだそうです。どこの国でも盲人が音楽の才能を花開かせる例をよく聞きますが、ヴェイセルもアシュクの伝統を現代に繋いだ名人中の名人として讃えられている人です。

トルコのKalan Muzikのベスト盤から、淡々としながらも味わい深い1曲目の「黒い大地」と訳せる8分を越える大曲と、対照的にリズミカルな16曲目を続けておかけします。16曲目は「至高の山に雪が降る」と訳せるのではと思います。

<1 Kara Toprak 8分37秒>

Aşık Veysel-Kara Toprak


<16 Yüce Dağ Başında Kar Var 2分44秒>

Aşık Veysel - Yüce Dağ Başında Kar Var [ Toprağa Çalan Türküler © 2008 Kalan Müzik ]


今回の後半は「トルコのブルガリア系少数民族、ポマック族の伝統音楽と歌」という盤をご紹介したいと思います。注目作を連発するトルコのKalan Muzik Yapimから98年に出た盤で、トルコにスラヴ系のブルガリア人がいたという点に何よりも強い関心を覚えました。ロシア語で歌のことを「ペスニャ」と言いますが、この盤では「ペスナ」という表記になっていて、正にスラヴ系の証しのような言葉の類似に驚きました。ブルガリアや旧ユーゴの南スラヴ語派に関心のある人は要チェックだと思いますが、これらバルカン諸国は長らくオスマン帝国に入っていたので、やはり音の印象はかなりトルコ風です。

2009年のゼアミブログには次のように書いていました。
ポマクとは、バルカン半島全域がオスマン帝国支配下だった頃に、キリスト教からイスラム教に改宗したブルガリア人の子孫のことで、広く知られているのはブルガリアに住むムスリムのポマクのようです。ウィキペディアによると、ポマクの名前はポムチェーン помъчен(拷問された) あるいは ポマガーチ помагач(占領者への協力者)に由来しているとのこと。ポマガーチという単語はロシア語と同じですから聞き覚えがありました。ロシア語なら「ガ」にアクセントが来るので、パマガーチとした方が近そうですが。

この録音には、タンブール(サズ系の素朴な方)の弾き語りと、女性と男性の独唱が入っています。
2曲目の「イスタンブールのシュクリュ・パシャ」は、あるいはエンヴェル・ホッジャとなっていて、年代的には合わないのでアルバニアの独裁者と関係ありかどうかは不明です。1912年にブルガリア軍に彼らの土地が支配された時に、ポマックの人々がいかに苦しんだかを歌っているとのことです。

<2 Şükrü Paşa İstanbul'da 6分14秒>

7曲目から女性の独唱に変わります。やはり哀歌の一種のようですが、「家を出て結婚したい人に伝えて」と訳せるでしょうか。

<7 Sus Hafifçe Çekiştir Anacığım 4分17秒>

ラストの16曲目は「あなたは黒い服で喪に服している」と言うトルコ語の歌で、フリーリズムの節回しの自在さがジプシー風にも聞こえます。短いですが、独唱の中では一番驚いた曲でした。「非イスラム教徒の孤児の少女をイスラム教に改宗するよう説得する」という内容のようです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<16 Kareler De Geymiş Yastadır Başı 1分20秒>

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

トルコのSarı Gelin +イボ・ショー

哀切なメロディが忘れられない名歌Sarı Gelin(サル・ゲリン)については、長らくアルメニアの歌だと思っていました。ベルクス・アッカレのセヘル・ユルドゥズの2曲目では、アルメニアらしいドゥドゥクの柔らかい音から始まりますが、アリフ・サーの渋い男性独唱で入っていて、これまでのイメージが少し変わったものです。この旋律は、南コーカサスのアルメニアやアゼルバイジャン、イラン、東トルコで共通して歌われていて、ルーツがどこにあるのかは諸説あるようです。マカームはバヤーティと言うことで、この旋法には改めて名旋律が多いと思いました。
おまけで2本目はイブラヒム・タトルセス司会の100分近いショー映像。ベルクス・アッカレとアリフ・サーのデュエットも出てきますが、曲によってトルガ・サー(アリフ・サーの息子?)とエルダール・エルジンジャンもバーラマで加わります。1997年ですから、アラベスクの帝王イブラヒム・タトルセスもまだ40代、他の人達も50代までで、脂の乗り切っていた時期です。イボというのはイブラヒム・タトルセスの綽名でしょうか。イボ・ショーというタイトルになっています(笑) 当たり前ですが、タトルセスの歌の上手いこと! この映像を見て、ベルクス・アッカレは小柄な女性だと分かりました。

Sarı Gelin


Arif Sağ,Tolga Sağ, Belkıs Akkale ve Erdal Erzincanlı - İbo Show (1997) 21. Bölüm

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

Seher Yıldızı 宵の明星?

Seher Yıldızıは、ハルクの女王ベルクス・アッカレの歌で一番好きな曲です。この8分の6のリズムと旋律は、クルドかコーカサスの歌にもどこか似ています。訳すと「トワイライトの星」と出てくるので、宵の明星、はっきり言えば金星のことでしょうか?(以下放送原稿を再度)

ベルクス・アッカレの歌唱で、もう一枚、96年に出たSeher Yıldızıから、タイトル曲と、その次の2曲目を続けておかけします。サズの名手アリフ・サーとの共演盤です。1曲目のセヘル・ユルドゥズは、訳せば「宵の明星」でしょうか。正に夕暮れ時の星空を仰いでいるような印象の、とても美しい曲です。

Arif Sağ & Belkıs Akkale - Seher Yıldızı [Official Audio]


Arif Sağ & Belkıs Akkale - Seher Yıldızı [© Güvercin Müzik Official Video]

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

放送再開 ウズン・ハワとクルク・ハワ

ゼアミdeワールド208回目の放送、日曜夜10時にありました。13日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日の動画はベルクス・アッカレの1枚目のみにしておきます。

4月の一週目から新型コロナウイルスの感染拡大防止のためラヂバリのスタジオが閉鎖になっておりますので、1か月ぶりの放送になります。5月末までスタジオは閉鎖予定ですが、自前の簡易ミキサーを手に入れましたので、自宅で収録し、データをラヂバリに送ることで放送再開が可能になりました。

今回はトルコの25回目になります。トルコの民謡の2回目になりますが、トルコ民謡の伝統的な様式の二つであるウズン・ハワとクルク・ハワのサンプルとして2曲続けておかけしたいと思います。
自由に間を崩したフリーリズムで、コブシをたっぷり入れて歌われる「長い歌」の意味のウズン・ハワは、日本で言えば江差追分などの追分や馬子唄、モンゴルならオルティンドーともよく比較されます。歌手のテクニックを存分に披露できる様式です。
一方クルク・ハワは「割り砕かれた歌」の意味で、モンゴルならボギノ・ドーに相当します。サズの伴奏でリズミカルに歌われ、いかにも中央アジア由来の遊牧騎馬民族の強靭なリズムを感じさせます。
前回取り上げましたキングの「黒海吟遊 トルコ音紀行」の6曲目「異国のうぐいす」はウズン・ハワの典型、9曲目「高原から来た娘」はウズン・ハワで始まり途中からクルク・ハワに変わります。どちらもウミット・トクジャンの名唱です。

<6 Garip Bülbül (A Foreign Nightingale) 3分32秒>
<9 A Girl From The Highland 2分19秒>

コロナの事態が起こって色々考えましたが、これまでのやり方では世界中の音楽を回るのに時間がかかり過ぎるので、これまでよりピッチを上げてご紹介して行きたいと思います。

クルク・ハワの典型になると思いますが、トルコ民謡歌謡ハルクの名女性歌手ベルクス・アッカレの歌唱から何曲かご紹介します。低いアルトの音域の迫力ある歌声は、とてもインパクトがあります。

92年のAyrılığı Türkülere Sor / Yemen Yoluから、いかにも騎馬民族的なリズムの1曲目と、メイやアゼルバイジャン風なタールも入った3曲目を続けてどうぞ。

<1 Belkıs Akkale / Ayrılığı Türkülere Sor / Yemen Yolu ~Kibar Kız 4分12秒>

Belkıs Akkale - Kibar Kız (Official Audio)



<3 Belkıs Akkale / Ayrılığı Türkülere Sor / Yemen Yolu ~Karanfil Abı Gerek 5分9秒>

Belkıs Akkale - Karanfil Abu Gerek (Official Audio)


ベルクス・アッカレの歌唱で、もう一枚、96年に出たSeher Yıldızıから、タイトル曲と、その次の2曲目を続けておかけします。サズの名手アリフ・サーとの共演盤です。
1曲目のセヘル・ユルドゥズは、訳せば「宵の明星」でしょうか。正に夕暮れ時の星空を仰いでいるような印象の、とても美しい曲です。
ドゥドゥクの柔らかい音から始まる2曲目のSarı Gelinは、アルメニアやアゼルバイジャン、イラン、東トルコなどで歌われている名曲です。アリフ・サーだけが歌っていますが、ひたすら悲しく美しいアルメニアの旋律とは印象が少し違います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 Belkıs Akkale / Seher Yıldızı ~Seher Yıldızı (Münhasıran) 3分52秒>

<2 Belkıs Akkale / Seher Yıldızı ~Sarı Gelin 4分46秒>

| | コメント (2)

2020年5月 4日 (月)

グリア地方の歌 トリオ・マンディリ

またグルジアかと思われるかも知れませんが、最近アップされたこの映像は、トリオ・マンディリの歌唱の中でも特に驚いた一本です。ストラヴィンスキーが「人類の作った最高の音楽」と称賛したというグルジア西部グリア地方の3重唱で、左のタコさん(Tako Tsiklauri)が男性なら裏声になるクリマンチュリのパートを担当、中央のタトゥリさん(Tatuli Mgeladze)は中音域、右のチョングリ奏者(Mariam Qurasbediani?)は楽器を置いて低音部を担当しています。彼女らがグリアの歌を聞かせるのは、この映像が初では? 女性ならクリマンチュリの高音も楽に出せますが、低音は男声程出ないのも確かではあります。しかし何はともあれ、素晴らしいです。

予告ですが、自宅収録のセッティングが完了しましたので、近々放送再開出来ると思います。

Trio Mandili - 3 "brothers" from Guria

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »