« セファルディ音源の数々 La Sirenaの聞き比べも | トップページ | ホアキン・ディアスのセファルディの歌 »

2020年6月10日 (水)

セファルディの歌でのセイレーン Hélène Engelのその後

3人の歌手で聞き比べたLa Sirena(セイレーン)は、魔女あるいはファム・ファタールの類でしょうが、セファルディのあの名旋律が「男を誘惑し破滅させる悪女」の魅惑と危険性をよく表していたと思います。それを女性が歌うというのは不思議な気もしますが、そう言えばヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「宿命の女 (Femme Fatale)」も、女性のニコが歌っていたなと思い出しました(笑) 
ギリシア神話のセイレーンが、ボスニアのセファルディの歌に入った経緯と言うのが、とても気になるところです。この歌の4行詩と哀愁のメロディのブレンドの妙を強く感じます。

この曲をアルバムのトップに持って来たHélène Engelでyoutube検索したら、最近の映像が色々出てきました。CDが出たのは91年ですから、大分お年をめされた感じですが、最近はギター弾き語りされているようです。ヘレーネ・エンゲル(フランス語式ではエレーヌ・ウンゲル?)の名からは、セファルディと言うよりアシュケナジー(東欧系ユダヤ)の人のように見えます。その通りイディッシュの歌を歌っている映像もありました。残念ながらLa Sirenaはないようですので、ユダヤの8本の燭台(ハヌカーに用いられる8枝のハヌキヤー)を歌ったオチョ・カンデリーカを上げておきます。これはよく知られたセファルディの歌の一つです。2本目はお馴染みのクレズマー曲から始まり、途中フランス語で歌っている部分などありますが、バイ・ミール・ビスト・ドゥ・シェーンなど、イディッシュ・ソングが目立ちます。

Ocho Candelicas


Hélène Engel: A Jewish Musical Medley Montage

|

« セファルディ音源の数々 La Sirenaの聞き比べも | トップページ | ホアキン・ディアスのセファルディの歌 »

セファルディー」カテゴリの記事

イディッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セファルディ音源の数々 La Sirenaの聞き比べも | トップページ | ホアキン・ディアスのセファルディの歌 »