« カーブーキとその後 | トップページ | 5弦タンブールによるジェロシャーヒ »

2020年6月29日 (月)

クルド・マカーム名曲選 ジェロシャーヒ

ゼアミdeワールド214回目の放送、日曜夜10時にありました。7月1日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日の動画はジェロシャーヒのみにしておきますが、ナーゼリーの方はブダではなくイラン盤の演奏です。

クルドの音楽の3回目です。今回はクルド・マカームの名曲選として、ジェロシャーヒと言う曲の聞き比べと、サハリーと言う曲を取り上げます。演奏される楽器は、中東の弦楽器でも特に古い歴史を持つと言われるタンブールです。クルド・マカームとは、クルド独自の旋法を指すのと同時に、そのレパートリー自体も指しています。

往年のタンブール名人にして哲学者のオスタッド・エラーヒの演奏からかけますが、彼は名ヴァイオリニストのユーディ・メニューヒンや、モダンバレエの巨匠モーリス・ベジャールなどからも賞賛を受けていたと言う人です。私がまず目に留めたのは、そのコメントでした。仏Chant du mondeのシリーズで最初に出た「オスタッド・エラーヒ/天上のタンブール」について2001年に書きました音楽之友社刊「世界の民族音楽ディスクガイド」の拙稿を読み上げます。

この人のタンブールによる即興演奏の凄さは筆舌に尽くし難い。たった2本弦の素朴な弦楽器から、ピーンと張り詰めた非常に求心力の高い信じられない世界を作り出す。真剣にまた何度か聞き込む内にそのことが実感されると思うが、時折自然に出てくる彼の歌声がまた凄い。彼はペルシア古典音楽の大御所ムーサー・マアルフィーを初め、西洋のユーディ・メニューヒンやモーリス・ベジャールなどからも絶大な賞賛を受けていた。
 このイランのクルディスタンの音楽家、哲学者、エラーヒ(1895-1974)のCDもシャン・デュ・モンドから5枚、Truspaceから1枚を数えている。まだ出るかもしれない。しかしあのChant du mondeから5枚とは尋常ではない。フランスには彼のHPもあり、その筋ではやはりカリスマ的な注目を集めているようで、最近では日本にCDがなかなか回ってこないような状況になっている。音楽家だけでなく哲学者でもある彼は、生前録音を禁じたとも言われるが、没後20年程経って宗教的催しの際の秘蔵録音がこうしてCD化されることとなった。
 

ジェロシャーヒも、淡々としながらも激しく繊細なかき鳴らしの中に、スーフィー音楽の極致がかいまみえてくるような演奏です。シャンデュモンド盤は売り切れで手元にないので、iPhoneからの音出しになります。

<1 The Sacred Lute: The Art of Ostad Elahi, Vol. 2 - Reverence ~Jelo Shāhi Suite 7分33秒>

Jelo Shāhi Suite


このジェロシャーヒが、シャハラーム・ナーゼリーwithアリ・レザ・ファイズ・バシプール&ハーフェズ・ナゼリ/Mythical ChantというフランスBuda盤にも入っていますので、続けておかけしておきます。先週一部かけましたナーゼリーの2006年の日本公演では演奏されなかった曲です。ひとつ前に入っているロスタム(Rousam)がジェロシャーヒに当たるとの説もありますので、2曲続けておかけします。

<4 Shahram Nazeri - Mythical Chant ~Rousam 4分19秒>

<5 Shahram Nazeri - Mythical Chant ~Magham-E-Jeloshahi 3分30秒>

Maqam-e-Jelo Shahi


ナーゼリーとも共演しているタンブールの名人アリ・アクバル・モラディの仏Ineditの4枚組「ヤルサンのマカーム儀礼」を見ると、クルド・マカームには70曲以上のレパートリーがありますが、この中にはジェロシャーヒが見当たりませんでした。日本のタンブール奏者のKさんを通して曲名を聞くことの多いサハリーという曲を代わりにかけておきます。この盤についてのゼアミHPでのコメントを引用します。

11世紀に生まれたヤルサンのタンブールを用いた儀礼音楽を収めた初のアルバム。ヤルサンはアフレハック(Ahl-e Haqq: "People of the Truth")としても知られ、イスラーム以前の古代ペルシアの信仰に起源があると言われるクルディスタンに多く見られる宗教(クルド人口の3~10%)。モラディはイラン西部ケルマンシャー出身のクルドのタンブールの巨匠。4枚にわたって秘教ヤルサンのマカーム儀礼を収録したイネディならではの注目作で、特に往年の大巨匠エラーヒや最近のシャーラム・ナゼリの音楽に感動した方は要チェックです。

では、モラディのタンブール独奏でサハリーを聞きながら今回はお別れです。
ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1-14 Ali Akbar Moradi / Sahari 10分38秒>

|

« カーブーキとその後 | トップページ | 5弦タンブールによるジェロシャーヒ »

クルド」カテゴリの記事

ゼアミdeワールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーブーキとその後 | トップページ | 5弦タンブールによるジェロシャーヒ »