« ギリシア正教の聖地 アトス山 | トップページ | アトス山の復活祭(アラビア語字幕付き) »

2020年10月13日 (火)

Τράβα βρε μάγκα και αλάνι

火曜は通常ブログは上げていませんが、先週の話題で気になる動画がありましたので、一本上げておきます。クレズマーに酷似していると言っていたハサポセルビコのMin Perasis Ap' Ti Gitonia Mouですが、ピレウス派のヴァンヴァカーリスだけでなく、スミルナ派のローザ・エスケナージも歌っていました。両派に共通の歌なのか、どちらが元なのか、謎です。エスケナージでは、この曲の副題?のΤράβα βρε μάγκα και αλάνιがタイトルになっています。解説に、Σύνθεση & στίχοι Κώστας Σκαρβέλης 1934 Δίσκος HMV AO 2147(作曲と作詞:コースタス・スカルヴェリス 1934年)とあって、HMVのSP番号が出ていました。コースタス・スカルヴェリスが、どういう関係の人か調べれば分かりそうです。

Τράβα βρε μάγκα και αλάνι Εσκενάζυ Ρόζα

|

« ギリシア正教の聖地 アトス山 | トップページ | アトス山の復活祭(アラビア語字幕付き) »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギリシア正教の聖地 アトス山 | トップページ | アトス山の復活祭(アラビア語字幕付き) »