« デルフィの讃歌 | トップページ | 古代ギリシアの竪琴リラと、オスマン・トルコのヤイリ・タンブール »

2020年11月11日 (水)

セイキロスの墓碑銘

パニアグヮ、ハラリスの両方の古代ギリシアの音楽の演奏に入っていた「セイキロスの墓碑銘」と言う曲ですが、今日の動画の解説によると、この詩が刻まれた大理石の石碑は、1883年トルコのアイディン近郊で発見されたそうです。この曲は紀元前200年から紀元後100年の間に作られたとみられ、この時期はヘレニズムの時代で、セイキロスは当時活躍した叙情詩人とのこと。彼の妻、エウテルペーに捧げられています。(詩の後、エピタフに、Σείκιλος-Ευτέρπη「セイキロスからエウテルペーへ」と書いています) この曲は古代ギリシア語の表記を使用していて、ピッチ(音の高さ)は音節の上に文字として書かれ、音符の長さは記号で示されています。通常は竪琴で伴奏されたようです。パニアグヮ、ハラリス以外に沢山の演奏が出て来ています。ハラリスはこの曲だけでは見当たらないようですが、パニアグヮの方はありましたので、3本目に入れました。

Seikilos epitaph (Σεικίλου Σκόλιον): Ancient Greek Music (100 A.D.) / Gabriel Garrido


Seikilos Epitaph ( the earliest complete tune ) Greek 200BC


Epitaphe de Seikilos

|

« デルフィの讃歌 | トップページ | 古代ギリシアの竪琴リラと、オスマン・トルコのヤイリ・タンブール »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デルフィの讃歌 | トップページ | 古代ギリシアの竪琴リラと、オスマン・トルコのヤイリ・タンブール »