« クラリネット、ヴァイオリン、ラウート他のギリシア音楽 | トップページ | ロードス島のスースタ »

2020年12月 3日 (木)

Karpathos / The land and it's music

クレタとロードスの間の細長い島、カルパトスについては、最高の一本が見つかりました。伝統音楽の演奏が間近で見られること、婚礼の風景、伝統衣装と人々の表情も確認出来て、伝統音楽が現在も息づいているのが手に取るように分かります。9分過ぎに出てくる歌は、放送で最初にかけたキング盤1曲目のMonemvassia :カルパトス島の酒飲み歌です。モネムヴァシア・ワインを薦めるこの歌は、カルパトスでは南部にのみ見られ、祝いの宴は食事の後、この歌で始められ、即興で対唱歌を歌って、最後はダンスになるそうです。放送ではかけませんでしたが、ツァンブーナ(ギリシアのバグパイプ)も頻繁に出てきます。リラ、ラウート、ツァンブーナのトリオが一般的です。個人的な印象ですが、ラウートの掻き鳴らしは、まるで琵琶を掻き鳴らしているように見えて、視覚的にも大変刺激的です。20年余り前に売り切れて入手し損なったブダ盤に入っていた曲が何だったか、とても気になります。

Karpathos / The land and it's music

|

« クラリネット、ヴァイオリン、ラウート他のギリシア音楽 | トップページ | ロードス島のスースタ »

ギリシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラリネット、ヴァイオリン、ラウート他のギリシア音楽 | トップページ | ロードス島のスースタ »