« ブルガリアの女声合唱 今後のルート | トップページ | ピレンツェ・ペエ »

2021年1月20日 (水)

ブルガリア女声合唱のライブ映像

1988年の来日公演は見てないのと、80年代初めに芸能山城組のブルガリアの合唱を先にLPで聞いたので、4ADの『神秘の声(Le Mystère des Voix Bulgares)』を聞いてそれほど大きな驚きはなかったのですが、ライブ映像をこうして簡単に見れるようになった現在、ますます他のロシアなどのスラヴ世界の地声合唱と共通する部分があるなと実感します。80年代当時はロシア民謡の紋切り型のイメージばかりで、スラヴ世界の地声合唱はほとんど知られてなかったと言って良いのでは。ブルガリアの場合、変拍子や不協和音が目立つのは、他のバルカン各地の民族音楽やバルトークのブルガリア音楽を題材にしたピアノ曲と共通しています。
それよりもブルガリアと聞いて個人的に最も気になるのは、中央アジア~ウラル地方にいたテュルク系のブルガール人(人種はモンゴロイド)の一派がブルガリアまで流れてきて、国名の由来にもなっているという点です。ブルガリアが属する南スラヴをベースに、どこかに今もテュルクの要素が残存しているのか、その上で長く支配を受けていた同じテュルク系のオスマンの影響がどういう所にあるのか、少しでも明らかに出来たらと思います。2本目は最近の傾向でしょうか、ソフィアのオーケストラとの非常に美しい演奏です。

Le Mystere des Voix Bulgares - Full Performance (Live on KEXP)

Cosmic Voices from Bulgaria & Sofia Philharmonic Orchestra - Zaspalo e Chelebiiche

|

« ブルガリアの女声合唱 今後のルート | トップページ | ピレンツェ・ペエ »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルガリアの女声合唱 今後のルート | トップページ | ピレンツェ・ペエ »