« コチャニのソロ・タパン | トップページ | 2012年と1994年のタラフ・ドゥ・ハイドゥークス »

2021年3月25日 (木)

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス&コチャニ・オルケスタル

ルーマニアのタラフ・ドゥ・ハイドゥークスのライブには、2000年の初来日以来、Uターン前の2004年までに4回行きました。90年代にオコラ盤「ワラキアのジプシー音楽」で聞いていたニコラエ・ネアクシュ爺さんの至芸も2回見れました。コチャニ・オルケスタルと一緒の来日公演がいつだったのか、記憶が定かでなかったのですが、ぐぐって2001年と分かりました。ちょうど20年前になります。ライブを見ている時も思いましたが、これはルーマニアとマケドニア、どちらの音楽に合わせているのか、想像しながら楽しく聞きました。
これはそれから9年後の共演の映像です。この演奏は、マケドニアのジプシー音楽に合わせていると思います。タラフのトップ・ヴァイオリニストのカリウには2004年の来日の際にサインをもらいました。彼の息子の成長ぶりも、この映像で見れて嬉しい限りです。オーケストラでもそうですが、金管が目いっぱい吹くと弦楽器の音は聞こえなくなるので、バランスが難しそうです。

Taraf de Haidouks + Kocani Orkestar = Band of Gypsies (official video)

|

« コチャニのソロ・タパン | トップページ | 2012年と1994年のタラフ・ドゥ・ハイドゥークス »

ルーマニア」カテゴリの記事

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コチャニのソロ・タパン | トップページ | 2012年と1994年のタラフ・ドゥ・ハイドゥークス »