« Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) | トップページ | パイドゥシュカ 2+3の5拍子 »

2021年4月16日 (金)

エデルレジ

エデルレジを最初に聞いたのは、1989年の現代音楽雑誌ミュージックトゥデイで映画「ジプシーのとき」を知って、サントラを手に入れた時でした。それから長い間、この映画の音楽を担当したゴラン・ブレゴヴィチの作曲と勘違いしていました。彼がリーダーだったボスニアのロック・バンドBijelo Dugmeが88年のアルバムでカバーしていましたが、原曲は春の訪れを祝うバルカン・ロマの民謡だったことを知ったのは、ずっと後でした。この郷愁を誘う名旋律は最高で、ずっと忘れられない一曲なのに、32年経った今でも映画を見れてないのが残念です。色々な歌手がカバーしていますが、何より映画に出てくるマケドニアの歌手Vaska Jankovskaの天使のような歌声が、やっぱり一番です。火が水上に灯され、春の訪れを祝う灯篭流しのようなシーンは、映画を見てなくても、この旋律と共にずっと記憶に残っています。

Ederlezi: Time of the Gypsies - Goran Bregović, Emir Kusturica

|

« Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) | トップページ | パイドゥシュカ 2+3の5拍子 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) | トップページ | パイドゥシュカ 2+3の5拍子 »