« Mariovska tresenica | トップページ | エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 »

2021年4月 9日 (金)

カヴァルの即興演奏

Ezgijaと言うのも気になっていましたが、器楽の即興演奏を指すようです。尺八にも通じる詫び寂び感のあるカヴァルの音は、数百年間オスマン帝国に入っていたバルカンならではで、こういうメリスマをふんだんに効かせた演奏は西欧で探すのは難しいように思います。放送でかけたOvcharska Ezgijaと言う曲の演奏はStojanche Kostovskiでした。動画ではありませんが、1本ありました。カプリースの演奏も入れておきますが、1本目には伝説的なカヴァル奏者と言われるMile Kolarovの1979年のモノクロ動画を入れておきます。これは凄い!

Mile Kolarov playing an ezgija on kaval (Macedonian end blown flute) - 1979

Стојанче Костовски - Ливадска езгија / Stojance Kostovski - Livadska ezgija

<2-2 Ovcharska Ezgija 2分22秒>
Ovcharska ezgija

|

« Mariovska tresenica | トップページ | エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mariovska tresenica | トップページ | エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 »