« エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 | トップページ | Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) »

2021年4月14日 (水)

涙腺上の名歌 So maki sum se rodila

エスマのSo maki sum se rodilaは余りの絶唱で、スタジオで聞いていて涙腺決壊したのは初めてのことです。すぐに続けられず、数分待って収録を再開しました。エスマの旦那さんのスティーヴォが亡くなったのが1997年という事で、この盤(ジプシー・カーペット)は10年後のリリースですが、この歌には何か亡き夫への思いが投影したのではと思います。名曲名旋律ですから、色々なアレンジがありました。涙腺を刺激する曲と言えば、クラシックならマタイ受難曲の終曲とか、無伴奏チェロ組曲5番の後半とか、イゾルデの愛の死とか、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲13番の5楽章とか、個人的に色々ありますが、民族系では「アルフォンシーナと海」などと並ぶのではと思います。1989年にミュージックトゥデイで「ジプシーのとき」を知ってサントラを聞いて以来、エデルレジもそうでしょうか。ペルシア音楽なら、シャヒーディーのウード弾き語りDar Madh e Aliとか。5本目は放送の最後にかけた音源です。

Esma Redzepova - So maki sum se rodila

So maki sum se rodila. Macedonian song

Klapa Cesarice - So maki sum se rodila / Со маки сум се родила - HGZ 9.3.2010

Pere Jovanov - So Maki Sum Se Rodila /Macedonian Folk Song/

So maki sum se rodila (I was Born in Sadness) (arr. L. Dimkaroski)

|

« エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 | トップページ | Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エスマの絶唱 So maki sum se rodila 他 | トップページ | Македонски нарoдни песни(マケドンスキ・ナロードニ・ペスニ) »