« マケドニアのRatevka 3+2+2=ゴハン、パン、パン | トップページ | カヴァルの即興演奏 »

2021年4月 8日 (木)

Mariovska tresenica

ボスニアのセヴダに似たアコーディオンの曲調が気になりましたので、放送のラストにかけたMariovska tresenicaについても調べてみました。曲名は「マリオボ地方のトレセニツァ」の意味で、マケドニアのオロの一種になるようです。 典型的な女性のダンスで、拍子は分かり易い4分の2拍子。変拍子でないと安心する部分はあります(笑) 音階はオスマン時代以来のエキゾチックさがあります。女性のダンス映像もありましたので、それを最初に、放送でかけたカプリースの音源を次に上げておきます。曲だけでなく、手の動きが独特で美しい舞踊です。3本目は若い楽団員がいて、踊りも鮮明に見えます。ポーランド文字が見えるので、ポーランドでの催しのようです。

KUD "ILINDEN" Struga - "MARIOVSKA TRESENICA"

Mariovska tresenica

Słowianki - Mariovska Tresenica

|

« マケドニアのRatevka 3+2+2=ゴハン、パン、パン | トップページ | カヴァルの即興演奏 »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マケドニアのRatevka 3+2+2=ゴハン、パン、パン | トップページ | カヴァルの即興演奏 »