« アルバニアの木遣り風等 南イタリアのアルバニア系 | トップページ | 南イタリアのアルベレシュ、グリコ語とマグナ・グレキア »

2021年5月19日 (水)

南イタリアのアルバニア人のポリフォニー Ajri kavalleres

何度か書きましたが、南イタリアにアルバニア系少数民族がいることを知ったのは、90年代にアメリカのLyrichordの盤を通してだったと思いますが、スイスVDE-Galloの2011年の盤ではリリコード盤のフォーク調の歌謡ではなく、南イタリアのカラブリア地方へ移住したアルベレシュと呼ばれるアルバニア系少数民族の民謡そのものが入っていて、驚きを新たにしました。
放送で言ったことの繰り返しになりますが、南イタリアの舞曲タランテラや、いかにも南イタリア風な曲調の中に、幾つかの声楽パートがポリフォニックに動く曲が何曲かあります。イタリアも各地に様々なポリフォニーがありますので、その影響もあるようには思いますが、アルバニアのポリフォニーとの類似性も垣間見える古風な面も残しているように思います。いずれもAjriと言う言葉が付いていて、その原型と思われるAjretは、アカペラのヴォーカル・ポリフォニーを指しています。仏訳はAirですので、歌とかアリアのような意味合いになりそうです。
Ajriは全部で7曲ありまして、最もアルバニア寄りに聞こえる1、2、21、22曲目の4曲を続けておかけしました。1曲目のAjri kavalleres はアルベレシュの民族衣装を確認できる静止画像付きもありました。仏訳はAir des cavaliersでしたから、「騎士の歌」と訳せるでしょうか。

Albanians of Calabria - Ajri kavalleres (Air des cavaliers)

Ajri kavalleres (Air des cavaliers)

|

« アルバニアの木遣り風等 南イタリアのアルバニア系 | トップページ | 南イタリアのアルベレシュ、グリコ語とマグナ・グレキア »

バルカン」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバニアの木遣り風等 南イタリアのアルバニア系 | トップページ | 南イタリアのアルベレシュ、グリコ語とマグナ・グレキア »