« セヴダリンカの名曲 Il' Je Vedro, Il' Oblačno? | トップページ | 女性のベチャラツとガンガ »

2021年6月30日 (水)

ボスニア山岳民の歌 ガンガとベチャラツ

一聴地味な音源ではありますが、Bosnia: Echoes From An Endangered Worldの中で特に驚いたのが、山岳部の三重唱のガンガとベチャラツです。米Smithsonian Folkways盤の一曲ごとの音源は一本目だけでした。おそらく山地出身者が集まって歌ったと思われる最近の映像が結構ありますので、それらも上げておきます。どれにしようか迷う程あります。村人の伝統衣装ではなく、モダンな服装で歌っています。男性の方は、日本の木遣りに似て聞こえて仕方ないです。3本目はボスニア紛争が終わった翌年の映像です。今日はおじさんが多いので(笑)、明日は女性のベチャラツを。(以下放送原稿を再度)

山岳部の歌唱でガンガとベチャラツと言う形式の3重唱が3曲入っていますので、続けておかけします。無伴奏の地声合唱と言う点では、ロシアやブルガリアなど、他のスラヴ系民族の本当の民謡に繋がるように思います。センテンスの最後の音程を上げる装飾法もそっくりです。最初が北ヘルツェゴヴィナの女性のガンガ、その次の2曲はサラエヴォ郊外のビイェラシュニツァ山の村落での男性のガンガと女性のベチャラツです。1984年のサラエボ・オリンピックでは、男子アルペン競技が開催された山です。ムスリムを含むと解説にあるので、当時は宗教の違いを越えて一緒に歌っていたようです。ガンガのような歌は組織化されない音として、都市部の人々が遠ざける傾向があるのに対し、田舎の住民はそれを彼らの最も表現力豊かな音楽の形だと考えているとのことです。ベチャラツの方は、幾分西欧の音楽の影響も入った新しいポリフォニー形式のようです。

<5 Rahima Sultanić, Mejra Sultanić & Habiba Sultanić / Ganga: Odkad Seke Nismo Zapjevale 2分54秒>
Rahima, Mejr & Habiba Sultanic - Ganga Odkad Seke Nismo Zap

<6 Safet Elezović, Muhamed Elezović & Zejnil Masleša / Ganga: Sto Bećara U Srce Udara 1分25秒>
<7 Samka Čatić, Rahima Skuljić & Džemila Delić / Bećarac: Selo Moje Leži Pokraj Bara 1分39秒>

Bukovica - bećarac

Hercegovačka ganga 1996. god u Buhovu

|

« セヴダリンカの名曲 Il' Je Vedro, Il' Oblačno? | トップページ | 女性のベチャラツとガンガ »

バルカン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セヴダリンカの名曲 Il' Je Vedro, Il' Oblačno? | トップページ | 女性のベチャラツとガンガ »